こんにちは、菊地れえこです。

東京オリンピックのチケット抽選、皆さんは結果いかがでしたか?
うちは主人が頑張ってたっぷり応募してましたが、全部外れてしまいました。
が、めげずに今月はスポーツの話題です。

 
 
応援歌があるだけありがたい?いやいや中身も重要です!
 
素質にあった声かけをできると、自分の希望の通りの行動を相手が快くできるので、
コミュニケーションがさらによくなるものです。
 
これは普段の会話だけではありません。
例えばプロ野球選手の応援歌、各チーム色々ありますが、
各選手の素質にあった歌詞であればさらに選手のテンションも上がりそう!

今回は読売ジャイアンツの3選手に好事例を見つけたので、

i-colorをもとに分析してみようと思います。
 
 
まずは背番号6 坂本勇人選手。
 
 誰よりも強く勇ましく オオオ…
 お前が立つその場所は 熱気の渦が巻く
 坂本!炎となれ
 
坂本選手はi-colorコーラル。
表現グループの中でも、特に1番を取ることにこだわる傾向にあります。
なので、「誰よりも強く」は素質をくすぐるポイントになっていそう。
 
正義感の強さサービス精神旺盛なところ、頼られたいという気持ちも特徴的なi-colorコーラルなので、
自分を中心にして周りにも熱さを波及させるような歌詞も好ポイントではないでしょうか。
 
 
続いて、背番号25  岡本和真選手。
 
 歴史を刻め 岡本和真
 夢あふれるフィールド その名刻め岡本
 スタンド沸かす 永遠のアーチ
 
これはもうドンピシャです。
岡本選手はi-colorロイヤルブルー。
未来の可能性に想いを馳せ、しかも思考のスケールは壮大な展開グループなので、
歴史に名を残すことは嬉しいポイント。
 
さらに、一目置かれることも大好きなので、「スタンド沸かす」というのも、
岡本選手への声かけとしてはぴったり。
 
 
最後に背番号8 丸佳浩選手。
 
 誰より強く さらなる高みへ
 この大歓声は君の味方だ
 さあ我らと行こう 丸佳浩
 
オープン戦初日に東京ドームで初めて聞いたとき、
これは発案グループじゃなきゃ全く嬉しくないよなぁと思いながら丸選手を調べたら、
なんとi-colorイエロー。発案グループです。

発案グループは、皆んなで一丸となっていないと力が発揮できない傾向にあります。
丸選手のFA加入は、大人気選手の長野久義選手を人的補償で放出することになってしまったことで、

手放しで歓迎できるムードではないものだったことも事実。
それは本人もひしひしと感じていたことでしょう。
 
しかし始まってみればこの応援歌。
「この大歓声は君の味方だ さあ我らと行こう」、発案グループさんにとって嬉しい限りのフレーズです。

さらに、i-colorイエローは、自他問わず実績や経験を重視します。
丸選手は打席ごとにベンチでメモを取る姿が印象的ですが、
これは自分の経験、実績の積み上げのためにしているのもありそうです。

 
 
他人を応援すると自分が成長できる、かも
 
こうして分析してみると、応援団の方はi-colorを知ってるのかも?と驚くほど、選手にあった応援歌詞ばかりです。
皆さんが応援している選手の応援歌詞は、その選手の素質に合っていそうでしょうか?
自分だったらこの歌詞は嬉しいか?なんて視点で考えるのも、いい自己分析になったり、
相手への声かけの参考になってコミュニケーション力が向上したりといった効果を得られそうです。
ぜひ参考にしてみてくださいね。
菊地れえこ
i-colorカウンセラー、おうちパンマスター、笑い文字初級講師、しつもんカードマスター 2014年9月はぴきゃりアカデミー第10期修了、i-colorブルー/ピンク。2016年2月結婚、2017年4月第一子出産。産休中におうちパンマスターを取得。育児の合間におうちパンのある生活も楽しんでいる。 2018年2月には笑い文字初級講師資格取得。笑い文字を通して笑顔を増やし、感謝と喜びが循環する世界を目指す仲間入り。 現住地の東京都板橋区および都内近郊で各種活動中。