こんにちは。

はぴきゃりアカデミー代表の金沢悦子@オリーブです。

 

 

先日、息子@小3が9歳になりました。

 

 

誕生日の前日、

じーじからプレゼントらしき

封筒が届き、大喜び!

 

が、次の瞬間、

 

「な〜んだ現金かぁ・・・」。

 

 

あまりにも素質通りの行動に(じーじも)

吹き出してしまいました。

 

 

だって、じーじはi-colorゴールド

 

i-colorゴールドさんは

 

「自分が欲しいものしか欲しくない」

 

というこだわり屋さんが多いのが特徴です。

 

 

「自分が欲しいものしかほしくない」

のエピソードいくつか紹介すると、

 

 

とある小学1年生のゴールドくん、

小学校の入学祝いとして

「自転車を買ってあげるよ」

と言われたのに、

 

「お兄ちゃんの自転車が欲しい」

 

と言ってきかず、

結果、なぜかお兄ちゃんが

新品を買ってもらうことになったとか、

 

 

じーじやばーばと

おもちゃ屋さんで、

 

「何でも好きなものを買っていいよ」

 

と言われたのに、

本当に欲しいものがなければ

 

「いらない」

 

と言ってしまう。

 

(私なら無理やりにでも何かを買ってもらうのにな〜)

 

 

i-colorゴールドさんたち、

思い当たること、

あるのではないでしょうか(^_−)−☆

 

 

そんなi-colorゴールドさんたちが

口を揃えて言うのが、

 

プレゼント買ってくれるなら

 

「何が欲しいか聞いて」

 

です。

 

 

だから、じーじにとって、

 

「現金」

 

というプレゼントは、

「お前が好きなものを買いなさい」という

孫への精一杯の愛情なのです。

 

 

しかし、息子はi-colorオリーブ

 

たとえもらったプレゼントが

気に入らなかったとしても、

 

「自分のことを考えて選んでくれた」

 

という行為自体に

愛情を感じ、

嬉しく思う人が多いのです。

 

 

良いか、悪いか、ではなく

単なる素質の違い。

 

なのに、相手の気持ちを

まっすぐ受け取れないのは

もったいないことですよね。

 

もちろん息子には、

i-color視点からの、

じーじの思いを

ちゃんと伝えましたよ。

 

(現金も嬉しい!と、ケロッとしたもんでしたが笑)

 

 

ちなみに、素質によって

プレゼントの選び方には

傾向性があるようで・・・

 

 

・思いやストーリーで選ぶ人=発案グループ

 

・使えるかどうかで選ぶ人=表現グループ

 

・失礼にならないかどうか(包み紙=格)で選ぶ人=展開グループ

 

 

プレゼントのやりとりが増える

これからの季節、

相手の笑顔を引き出すヒントになれば幸いです。

金沢 悦子
はぴきゃりアカデミー代表
統計心理学i-colorエグゼクティブトレーナー/i-colorオリーブ。
40歳で第一子を出産。休みの日は趣味のサンバを楽しむ。日経ウーマノミクス・プロジェクト・サポーター。著書に『ハッピーキャリアのつくりかた』(ダイヤモンド社)、『人見知りでも「人脈が広がる」ささやかな習慣』(実務教育出版)、『働くママの仕事術』(かんき出版)ほか。
>>詳しいプロフィールはこちら