昨日朝、会社で、

よく話す同年代の女性(グリーン グリーン)から

『shiruruさん大丈夫?やられてない?』と声をかけられました

 

『最近顔が死んでるからこっちの席の人たちは心配してるの』と

話をしている時は大丈夫だったけど、しばらくしたら その言葉がジワジワしみてきて

 

『あー自分の気持ちを感じないようにブロックしてたんだなー』と気付いたら 涙がでてきて

 

トイレでひと泣き

 

マスクしているのに、

顔が死んでるってよっぽどなんだろうなー

 

振り返ってみると 先週、朝、最寄り駅から会社に行く途中にふと

『シンドい』と思ったけど その時は自分の気持ちを見ずにながしてしまった

 

そして、仕事が終わって帰宅途中に

『お疲れ様です  

今日は色々とありがとうございました。  

毎日の残業お疲れ様です。  

今後私に出来ることがあれば何なりとお申し付けください  ぜひお体にご自愛ください  

これからもよろしくお願いします』

と会社の同年代の男性(ブルー バイオレット)

からのライン

 

ラインを見たのが駅のホームで

電車の中で涙が止まらず

マスクがあってよかった

 

気付いてくれる人や

わかってくれる人がいることのありがたさと

それを伝えることがどれだけ人を救うことに なるのかを感じさせてくれた二人

 

家に帰って息子に

私の顔が死んでるか聞いてみたら

『顔はちょっとヤバいだけだけど、

声のほうがヤバいなー  

一番ヤバかった時と比べたらまだ大丈夫だけど』

とヤバいの連発

 

 

ものすごくショックな出来事があった時には

自分でも気付くけど

日々、雨の雫のように

ポタポタと溜まっていくストレスは自分だけでは

気付きにくい

 

友だち追加 友だち追加いただいた方には素質診断プレゼントいたします!