こんにちは。

お気楽オーボエ奏者のこばめぐです。

 

私は、年に数回「池袋女子会」と称して、池袋での飲み会を主催しております。

飲み会の内容は、i-colorの勉強をした仲間たちと一緒に池袋で集まって飲むというシンプルなもの。

i-colorの勉強仲間は人数が多いので、参加者はそのときどきで変わるのですが、毎回参加して下さる方も多く、実はひそかに人気の会だったりします(笑)

参加者の年齢や職業はバラバラですが、同じ勉強をした者同士、「i-color」という共通の言語もあるので、お仕事の話からプライベートな話まで、毎回様々な話題で盛り上がります。

 

そんな飲み会を開催していて、最近気が付いたことがあります!

日ごろストレスを抱えがちな方や、モチベーションが下がって一人悶々と悩んでいるという方のお悩み解決のヒントになれば幸いです。

 

安心して話ができる環境を見つけておく

 

なんだかストレスが溜まっている

どうにもモチベーションが上がらない…

そんなとき、あなたはどうしていますか?

 

ひとまずゆっくりと休む、音楽を聴く、お酒を飲む、遊びに出かける…etc

人によって、様々な方法をとっていると思いますが、私は安心して何でも話せる場を見つけておくことをおすすめしたいと思います。

 

利害関係があったり、否定されたり、攻撃される心配がある場では、なかなか本音が話せないものです。でも、もし心から安心して話ができる環境があったら…

それだけで、安心できる気がしませんか?

 

私の例でいうと、まさに池袋女子会が私にとって安心して何でも話せる場です。

どんな発言でも受け止めてもらえる安心感があるので、どんなに悩んでいても「話してみよう」という気持ちになれるだけで、かなり救いになります。

 

まずは、安心して話ができる環境を見つけること。そうすることで、心の安定を手に入れることができるのです。

 

色々と話す中で見えてくること

 

池袋女子会では、毎回特にテーマも何も設けていません。でも、話しているうちにその日のコアになるテーマが浮き出てきたりします。

(ちなみに前回は、転職についてや家族間のことがテーマに挙がっていました。)

 

一見何の繋がりのない話をバラバラと話していても、バックグラウンドが様々な人が集まっていると、意外なところから情報が入ってきたりします。

「あ、その件ならこういう情報があるよ!」と積極的に情報提供してもらえるのも、安心して話せる場だからこそだと思うのです。

また、それぞれの人が気持ちよくお話できているからこそ、お互いに役に立とうという気持ちも芽生えやすいように感じます。

 

参加人数は毎回10人弱なので、一人一人がじっくりと話す感じではありません。時間の関係や話の流れなどで、話しきらないこともあったりはしますが、話せる場にいるということが大切な気がします。

仮に全部話しきらなくても、聴いてもらえる環境に身をおき、色々と話しているうちに、自身の考えが整理されてスッキリするということも少なくありません。話せば話すほど、心が軽くなってくるものです。

 

共感が大切な発案グループ

 

i-colorオリーブの私は、共感してもらえるかどうかがとても大切です。

「私のこの気持ちをわかって欲しい」という想いが強いので、共感してもらいながら話を聴いてもらえる場はとても大切なのです。

気持ちをわかってくれようとする人がいれば、なんとか踏ん張って頑張れるので、安心して話せる場を持っていることがとても重要というわけです。

 

i-colorオリーブを含む、i-colorイエロー、i-colorピンク、i-colorバイオレットの方は、発案グループで別名「人志向」とよばれます。世のため人のためがモットーで、信頼関係や人脈を大切にしています。

アットホームでわきあいあいとした仲間同士の付き合いが大好きだったりもするので、私が主催する会は、そんな空気間を大切にしています。そのため、池袋女子会に参加して下さる仲間は、発案グループの方が多めだったりもします。

 

また、発案グループの方は、自分の気持ちをわかってほしい気持ちが強い分、相手の気持ちを察する能力に長けています。ですから、相手の小さな言動を見逃しません。

例えば、いつもより元気のなさそうな人を見つけるとつい声をかけてしまう……そんなあなたは、私と同じ発案グループかも?

 

一人で悩まないで

 

人に話しをするのはエネルギーのいることです。

話したところで、人に正しく理解されないこともあるし、誤解をされることもあるので、恐く感じたりもします。感情を心の中に押しとどめておくことに慣れてしまっていると、なかなか吐き出せないこともあります。ですので、話すのがむずかしい時は、無理に話さなくてもいいと思います。

でも、一人で閉じこもってしまうのではなく、ちょっと外の空気を吸って……

安心できる場に身を置いて、話したい気持ちになれたら気軽に吐き出してみては??

 

最後までお読みいただいてありがとうございました。

自分の価値観を再確認して、わくわくする明日を迎えられますように☆

小林恵
オーボエ奏者
ギャラリーゆめじ店長
はぴきゃりアカデミー第5期修了/i-colorオリーブ。東京音楽大学を卒業し、 フリーランスのオーボエ奏者として東京を拠点に活動中。 クラシック初心者でも楽しめるよう、他楽器や飲食関連会社とのコラボなど、様々な取り組みにチャレンジしている。稲毛おんぶらす指揮者として、i-coloを活用し、それぞれの素質を活かす練習法の指導に力を入れている。
>>小林恵オフィシャルサイト
>>詳しいプロフィールはこちら