先日、育休中のメンバーから
「保育園が決まりました!」とうれしい連絡がありました。
彼女(Yさん)が住んでいるのは、保育園の申込倍率が7倍と高い地域
保育園を申し込んだ後、倍率を知ったYさんから
「復帰できないかもしれない。どうしたらいいでしょう」と連絡がありました。

 

その時は
「申込みをしたら、これ以上やれることはない。
 今、いろいろと考えても仕方ないので、
 もし、落ちてしまったら、休みを延長するかその時に考えよう」と伝えました。

 

保育園が決まった喜びの電話だったのですが、
しばらく話をしていくと
Yさんの中にあるたくさんの不安が言葉となってでてきました。
・今までのように仕事ができるかな?
・休んでいる間に色々変わってますよね。
・子どもがちゃんと保育園に行ってくれるかな?
・預けるときに子どもに泣かれたらどうしよう 
などなど、次から次へ気になることが出てきて、
だんだん声のトーンが沈んでいきました。

 

 

Yさんのi-colorは、決断するときにリスクを優先する表現グループさん

 

希望優先型
・何かを決断する際、可能性を追求することを優先する
・チャンスに敏感
・過去の話より、未来について聞きたい、見たい

 

リスク優先型
・何かを決断する際、最悪のリスクを考えて手を打つことを最優先にする
・リスクに敏感
・未来のために過去の検証、失敗を重視

 

リスク優先型のYさんなので、
Yさんが今思いつくリスクを全部出せたなと思うまで話を聴いていました。
その後、私が復帰した後、
最初の1年はしょっちゅう保育園から電話があって
明日は休めないと思う日に限って、熱が出たり
自分が思うように仕事ができなかったこと

 

 

子どもの体調については、予防したり、気をつけることはできるけれど、
保育園に行けば、病気はもらってくる。
子どもの体調を全てコントロールすることはできないから
急に休むことがあることを当然と思って、
そのために、事前に何ができるかを考えた方がいいと伝えました。

 

そして、Yさんには
「今までと同じようには仕事はできないと思う。
 でも、子育てで経験したことは、これから仕事を続けていくときに絶対に役に立つ。
 

今までと同じように仕事ができないことで、周りから色々な事を言われるかも
 しれない。

 

 お子さんの体調不良で休みが続く事があると、みんなに迷惑をかけて申し訳ないと
 思って、迷惑をかけるくらいなら辞めようと思ってしまうことがあると思う。

 でも、迷惑をかけていると思うのであれば、仕事を続けて欲しいと思う。

これから同じように子どもを育てながら働くメンバーがYさんを見て
自分も仕事を続けていきたいと思ってくれたら、
一時的に会社にかける迷惑よりも何倍も価値があることだから。

Yさんにお願いしたいのは

辞めずに続けてもらうことこれ以外にはないから」と伝えました。

「復帰後、どうなるのか不安はたくさんありますけど
 仕事を続けることを目標に頑張ります」とYさん

自分の中で目標を決められたことでホッとしているようでした

 

「最初から頑張らなくていいよ」と言葉にしかけたのですが、
頑張らなくていいよが「期待されていない」ように感じるかも?と思い言うのをやめました。

息子の育休復帰の時、私も不安で不安で仕方がなかった
妊娠中無理をして、産休に入る予定よりも1ケ月以上も前に休み
/shiruru/4128/
たくさんの人に迷惑をかけてしまっていたし、
「Shiruruさんが復帰してくるのを待っているよ」と言われても
「本当に復帰して欲しいと思ってるんだろうか?短時間勤務で迷惑って思われてるんじゃないだろうか」などなど、次々とネガティブな事ばかり思ってました。

保育園が決まったのは嬉しいけど、不安と思う人は多いと思います。
お子さんのことも含めて、不安な気持ちになったり、心配をしないというのはむずかしいと思うので、

 

「私、今、色々なことが不安だと思ってるんだな」と不安と思っている事実は認めつつ

 

自分1人で不安になっている色々な憶測については、会社に確認してみたり、
不安と思っていることを伝えていく。
もし、会社に確認したり、不安を誰かに伝えられないのであれば、紙に書いてみる。
自分の中にある不安を何らかの形で出すといいと思います。

 

そして、Yさんに
「復帰すると、お子さんのことだけを考える事がむずかしくなると思う。
 今は復帰後のことをあれこれ考えるよりも、お子さんとの時間を楽しんでね」
と最後に伝えました。

 

 

 

私は、理解のある上司だったので、恵まれていたなとつくづく思います。
Yさんは私の部下ではないですが、
自分が関わったメンバーに、少しでも自分ができることをすることが、
私が仕事を続けることをサポートしてくれた、
多くの方への恩返しになると勝手に思っています。
Yさんと話をしながら、
今までサポートしてくださった方へ直接の恩返しはできていませんが、
これからも恩を送っていきたいなと思えた時間でした。

Shiruru
短時間勤務管理職
はぴきゃりアカデミー第8期修了/i-colorブルー。息子(小学校6年)、娘(小学校3年)を持つ40代ワーキングマザー(短時間勤務管理職)。ワーキングマザーが自分と自分の子どもについて知ることで、個性を活かす子育てができるようi-colorセミナー、i-colorカウンセリングを実施中。
>> 詳しいプロフィールはこちら