こんにちは。自芯プロデューサーのマリです。
遅くなりましたが、2019年もよろしくお願いします。
12月、1月は飲み会シーズン。職場の忘年会や新年会に参加した方もいらっしゃると思います。
飲み会シーズンに重要なスキルと言ったら、「世渡り」ですよね?(笑)
みなさんは、世渡りは得意ですか?
私はとっても苦手なんです。

以前、今の職場に異動したばかりの頃、部署のボスと面談したことがありましたが、「外の部署からみたうちの部署の問題点をぜひ聞かせて!」と言われ、i-colorオレンジ(表現グループ)の私は、はっきりと正直に話すのが良いと真剣に信じ(笑)、言葉通りに問題点をズバズバ答えた結果、ボスを怒らせてしまいました。あのボスの興奮した顔、30分も続いた地獄の面談、今でも忘れられません・・・(*_*)
そんな、世渡り下手の私に、再び試練が訪れました。会社の役員さんも参加する飲み会に出なくてはならなくなってしまったのです。

 

避けては通れない世渡り

 

時は半年ほど前に遡ります。
その日は別の事業所に出張をしていました。出張者用の席で仕事をしていると、面識のある別の部署の部長のAさんが現れました。
Aさん「マリさん、今日はこっちに出張なんだね。ねぇ、マリさんって、X大学の出身だよね?」
私 「はい、そうですけど」
Aさん「うちの会社にX大学出身者のOB会があるの知ってるよね?僕、去年からOB会の会長になったんだよ。毎年飲み会やってるでしょ?マリさんも今年参加しない?」
私「えっ?参加者はベテランの偉い人が多いみたいですし、そういうのは私のような下々よりも偉くなる予定の人の方が良いと思うんですよねー」←とやんわりと?断ろうとする私。
Aさん「いやいや、僕はね、若手や中堅層に参加してもらいたいんだよ。若手の子も最近は何人か参加してくれているんだよね。それにね、こういう飲み会に出ると知り合いが増えて仕事がやりやすくなるんだよ。だから、今から予定を開けておくように!!」
そう言って、Aさんは去っていきました。
あくまでも自分の納得を優先する表現グループの私。そもそもお酒も飲めないし、お酌もできない。社内政治なんて全然興味ない。面倒くさい!!コスパが悪~い!!※表現グループはここ重要です。

テンションが地に落ちて、ため息つきながら、仕事をしていました。
すると、再びAさんが現れました。
Aさん「マリさん、はい、これ、マリさんの部署にいるX大学出身者のリストだよ。このメンバーなら、3人は固いな。must3名、want5名連れてくるように!!」
私「えー!!!( ̄д ̄)」
こうして、ノルマ付きの政治飲み会に強制参加しなくてはならなくなったのです。

 

展開グループの異なる視点

 

そこで、一番の仲良し同期のBちゃん、i-colorロイヤルブルー(展開グループ)に一連の話をしました。
すると・・・
Bちゃん「すごーい!かっこいい!そういうのあるんだー。入社して初めて聞いた。学閥みたいな話よね?色々と上手く使えると良いわね。」
私「えっ?!・・・・(゜o゜)」
Bちゃん「せっかくの機会だから良いじゃない。羨ましいよ!」
私「そういうの好きじゃないんだよね」
Bちゃん「そんなプラスにしか働かないのに何を迷っているの?私なら誘われたら行けるようになるべく調整するけどな」
Bちゃんはプライベートでは6歳と3歳の男の子のママ。小さい子を抱えて忙しいはず。でも、確かに偉い人が参加する任意の飲み会とか、旦那さんとうまく調整して、確かに参加しているんです。そこで色々な情報をゲットして、教えてくれたりもして、私も恩恵にあずかっています。
i-colorロイヤルブルー(展開グループ)のBちゃん、さすが!!言うことが違います。
展開グループは場の空気を察することができ、根回し上手。組織をうまく使います。社内政治に対しても前向きです。
Bちゃんはゴルフもできて、偉い人もいる有志のゴルフに参加して大物に気に入られちゃう「世渡り上手さん」なんです。
表現グループの私には全くない発想でしたが、Bちゃんと話して、私は腹をくくりました。
それから、とうとう飲み会の時期がやってきました。問題はノルマです。
部署の若手と中堅層を中心に、事情を話して個別に参加してもらえないか?頼みに行きました。たくさんの人に断られましたが、偶然同じ大学出身だった直属の上司と部署の一番の若手が一緒に参加してくれることになりました!!

 

表現グループのモチベーションの高め方

 

社内政治に全く興味のない表現グループの私、どうやってこの政治飲み会に挑むモチベーションを高めたのか?
それはずばりコスパ!!です。
飲み会は私が通勤する事業所からは離れた場所で開催され、交通費に加えて参加費5000円。平社員の私にとってはお財布に優しい金額とは言えません。お酒も飲めない私が、高―い費用を払って、タダで帰ってくるわけにはいきません!!(笑)
そういう気持ちで挑んだ政治飲み会、うちの部署が知りたいと思っている情報を知っている人を運良く見つけることができ、後日打ち合わせが設定されることになりました!!
もし、Bちゃんに相談せずにいやいや参加していたら、端っこの方にひっそり座ってあんまり積極的にしゃべらずに帰ってきたかもしれません。Bちゃんの前向きな捉え方を聞いて、あーそういう考え方もあるんだなって思ったのです。

 

世渡り上手なメンターを持つ

 

私のように世渡りが下手な人は、Bちゃんのような世渡り上手なメンターを持てばと良いと思うんです。
世渡りあまり得意じゃないんだよなーって思っているそこのみなさん!!
周りを見てみてください。
世渡り上手な友達っていませんか?
いる、そんなあなたはラッキーです。世渡りのメンターになってもらいましょう。
もし、困ったことがあったら、メンターに相談してみてください。
個人的には、世渡り上手且つ、i-color3グループ(発案グループ、表現グループ、展開グループ)の異なる人に意見を聞いてみることをお勧めします。
きっと、自分にはない視点の意見をくれると思います。
そういう意見をたまには取り入れてみてください!!

マリ

自芯プロデューサー
はぴきゃりアカデミー第21期修了/i-colorオレンジ。
精密機器メーカーのエンジニア。
新卒入社配属直後から始まったパワハラに傷つき、休職と社内失業生活の中で自分の本当の気持ち「自心」に気づき、はぴきゃりアカデミーがきっかけで自分の活きる軸「自芯」を築き、「自信」を取り戻した経験を活かし、自信を失った人達が自芯を築くサポートをしている。
国家資格キャリアコンサルタント、CDA保有。