先日、Team WAA!分化会 SDGs(エス・ディージーズ)キックオフに参加してきました。

 

https://www.unilever.co.jp/sustainable-living/waa/team-waa/

 

最近、SDGs(エス・ディージーズ)という言葉を、
Facebookで見かけることも増え
気にはなっていて、今回のSDGs(エス・ディージーズ)キックオフ会は
「知っている人も知らない人もどなたでもwelcome」となっていたので、
何も調べず、参加しました。

 

この何も調べず参加するってリスクが気になる私としては結構なチャレンジ
「知らない人もOKってなっているけど、SDGs(エス・ディージーズ)を知ってる人ばかりで全然話についていけなかったらどうしよう」とか

 

「どなたでもってなってるけど、行ったらみんな知り合いでポツンとなったらどうしよう」とか、自分にとってのリスクを数限りなくあげ続け、

 

行く前から疲れてしまうということがよくありますが、
i-colorを知った最近は、あえて自分のパターンを変えてみることができるようになってきたので、
今回も何も調べず参加してみました。

SDGs(エス・ディージーズ)については、
私は、SDGsの読み方もわかっていなくて、SDGs(エス・ディージーズ)って読むのね
というのが最初の学び。

 

SDGs(エス・ディージーズ)はSustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略称
SDGs(エス・ディージーズ)2015年9月国連サミットで採択されたもので、
国連加盟193か国が2016年~2030年の15年間で達成するために掲げた目標で
17の大きな目標と、それらを達成するための具体的な169のターゲットで構成されています。

 

17の目標は
1. 貧困をなくそう 

 

2. 飢餓をゼロ 

 

3. すべての人に健康と福祉を 

 

4. 質の高い教育をみんなに  

 

5. ジェンダー平等を実現しよう  

 

          
6. 安全な水とトイレを世界中に 

 

7. エネルギーをみんなに、そしてクリーンに 

 

8. 働きがいも経済成長も

 

9. 産業と技術革新の基盤をつくろう

 

10. 人や国の不平等等をなくそう

 

11. 住み続けられるまちづくりを

 

12. つくる責任 つかう責任

 

13. 気候変動に具体的な対策を

 

14. 海の豊かさを守ろう

 

15. 陸の豊かさも守ろう

 

16.  平和と公正をすべての人に

 

17.  パートナーシップで目標を達成しよう

 

詳しい内容ははこちらがわかりやすいです。↓

http://www.unic.or.jp/news_press/info/24453/

 

 

 

キックオフ会で17の目標を知って、改めてSDGs(エス・ディージーズ)のロゴ
各アイコンを見たときに、

 

「私がやりたいと思っていることにSDGs(エス・ディージーズ)は活かせると直感的に思った私

私が志としてもっているのは

女性が直面するライフイベントについての情報(育児メリット)を知ることで、
仕事、ライフイベントについての選択肢を増やし、女性ならではの生き方を楽しみ、
またその楽しさを次世代へ伝える人を増やしていきたい

 

娘が就職活動するときに
「お母さんの言う事って全然参考にならないんだよね」と言われる世の中に
なっていたらいいなということなので、

 

SDGs(エス・ディージーズ)の目標が色々と自分の中でピンときて
やりたいことやれるんじゃないかと思うことが沢山頭の中に浮かんで広がっていきました。
展開グループのスイッチが入るのは、このピンと来る瞬間。

キックオフ会のグループワークでは、
SDGs(エス・ディージーズ)って認知度低いよね?認知度上げるにはどうしたらいい?

日本経済団体連合会(経団連)の企業憲章がSDGs(エス・ディージーズ)の達成に
変更されたけど、CSR(企業の社会的責任)も8年位かかってやっと言葉が認知されて
るのを考えると、SDGs(エス・ディージーズ)も同じようにやっていたら、2030年までに
目標達成は無理だよね

http://www.keidanren.or.jp/policy/cgcb/charter2017.html

SDGs(エス・ディージーズ)をハードルの高いものにするのではなくて、
自分事にして、自分のやりたいことをSDGs(エス・ディージーズ)につなげていくということを考える人が増えたら、SDGs(エス・ディージーズ)が日本に浸透していくんじゃない?

会社でSDGs(エス・ディージーズ)に取組んでいくと発表があったので、
SDGs(エス・ディージーズ)のポスターを部署に貼ろうとしたら、
「SDGs(エス・ディージーズ)とどう関わっていくかがまだ詳しく決まっていない段階なので、ポスターを社内に貼ることは時期尚早と言われた」

などの話を聴いて
SDGs(エス・ディージーズ)を1人でも多くの人に知ってもらうために
私ができることってなんだろうと考えて、私がキックオフミーティングの翌日にやったこと

1:社内に掲示するのは許可がいるから、自分の会社の机にSDGs(エス・ディージーズ)ロゴを印刷して見える場所に置く

2:会社のPCのスクリーンセーバーを、SDGs(エス・ディージーズ)のアイコン写真して、私が離籍している時に表示されるようにする。
ロゴ、アイコンは↓からダウンロード
  http://www.unic.or.jp/activities/economic_social_development/sustainable_development/2030agenda/sdgs_logo/

3:私が一番伝えやすい相手は家族なので、
  家のコルクボードにSDGs(エス・ディージーズ)のロゴを貼る
  

ただ、子どもには17の目標の言葉がむずかしいので
吉本芸人版SDGs(エス・ディージーズ)紹介も一緒に貼る
  http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/about/doukou/page23_000779.html

4:私のビジョンマップにSDGs(エス・ディージーズ)ロゴを貼る

SDGs(エス・ディージーズ)キックオフミーティングで
参加者から出たやりたいことを、これから深堀していって、
具体的行動にうつしていけたらいいなと思ってます。

Team WAA!分化会 SDGs(エス・ディージーズ)にご興味ある方がいたら、
ご連絡もらえたら嬉しいです。

また、1人でも多くの方にSDGs(エス・ディージーズ)知ってもらうため、
自分にできることをこれからも考えていこうと思っています。

Shiruru
短時間勤務管理職
はぴきゃりアカデミー第8期修了/i-colorブルー。息子(小学校6年)、娘(小学校3年)を持つ40代ワーキングマザー(短時間勤務管理職)。ワーキングマザーが自分と自分の子どもについて知ることで、個性を活かす子育てができるようi-colorセミナー、i-colorカウンセリングを実施中。
>> 詳しいプロフィールはこちら