先日、お友達との約束の場所に行ったのに、お友達が来なくて、

お友達の家に行ってもいなくて、落ち込んで帰ってきた小学校4年 生の娘

「公園に行っても、おうちにいってもいなかった」と言ったまま

しばらくトイレから出てこない。

 

 

トイレから出てきて「大丈夫?」と聞くと

ポロポロ、ポロポロ 涙を流す娘

 

 

娘はi-colorバイオレット

自分がお友達との約束を忘れることがないので、

約束を忘れられてしまったことが、自分のことを嫌いになっちゃっ たんじゃないかと思ったようで、私にしがみついて、しばらく(15分くらい)泣き続けました。

 

 

たくさん泣いて、少し落ち着いてきたので、

お友達との約束がなくなってしまったので、

「行きたいところがあったら行く?」と私が聞いても

「いい」と言ってほかの部屋へ行ってしまいました。

 

 

「泣いて少しは落ち着いたかな?」と思って、

しばらくすると

何かを持って私のところに来て

 

 

「ずっと、ずっと かあかに怒られるから黙ってたことがあるの」 と言って、

また、泣き出した娘

持っていたのは、カードゲームのカード

 

 

泣き止むを待って話を聴くと、

・プールを始める時に、プールを始めるならカードゲームはやめな いといけないと、とうととかあかに言われた。

 

・でも、カードゲームがやりたくて、やりたくて、と うととかあかに内緒で1年位前からおこづかいでゲームをやっていた。

 

・一緒に買い物に行った時に、カードゲームの前を通ると、とうと とかあかにバレちゃうんじゃないかと、いつもいつもドキドキしていた。

 

・3ケ月位前に、にいにがカードゲームのカードを見つけて、にい にはカードゲームをやっているのを知っていたけど、黙っててくれ た。

と話す娘

 

 

娘の話を聴いて、私はまず、ポカーンとしてしまって、

・プール始める時にカードゲームはもうやめるとか言ったかな?プールを習うのはお金がかかることだから、プールに通うなら ちゃんとやろうねというようなことは言った気がするけど、全く覚えてい ない。

 

・自分のおこづかいでやってたんなら、別にいいんだけど・・・

 

・こんなに泣きながら言うことかな?

 

・なんで今、話したんだろう?

といろいろ考え、私が思ったこと

 

 

i-colorバ イオレットの娘

①お友達が約束を忘れてしまって、悲しくてたくさん泣いて、今日はかあかが優しく話を聴いてくれたから、今日話をしても大 丈夫だと思った。(安心できたから、話ができた)

②嘘をつかない事を大切にしているのに、嘘をついてしまった自分を責めていた。

 

 

嘘の種類にもよりますが、

私は嘘をつくことに、あまり罪悪感を感じないタイプ

でも、嘘をつかない事を大切にしている娘にとっては、嘘をつくことは、すごく抵抗があることで、そのことをずっと言えずにいたということは、娘にとっては、とても辛かったんだろうなと思ったので、娘の話を遮らず聴くことができました。

 

 

娘には

・ずっと、とうととかあかに嘘をついていて辛かったよね

 

・カードゲームについては、やっちゃいけないと言ってしまった事をかあかが忘れてしまっていてゴメンネ

 

・自分のおこづかいでやるのであれば、カードゲームをやってもい いよ

 

・ただ、一人でゲームセンターに行くのはかあかとても、心配だから、ゲームセンターに行くときは誰かと行って ね。

と伝えると、娘は笑顔になりました。

 

そして、今まで、どんなカードを手に入れることができたか、カードの説明をしてくれて

ゲームセンターに行くと、お父さんお母さんと来ていて、いいなと思ってた、と言っていたので、一緒にゲームセンターへ行きました。

 

 

もし、娘のタイプを知らなかったら

「自分のおこづかいで、ゲームやってたのであれば、別にいいよ。

かあか、カードゲームやっちゃダメって言ったっけ?

泣いて話すことじゃないでしょ」と言っていたと思います。

 

 

その後、息子に、

何で、カードゲームのことをかあかに言わなかったの?と聴くと

「自分のおこづかいでやってるんだし、悪いことしてる訳じゃない でしょ。何でそんなこと気にしたり、泣いたりするんだか、わかんない わ」

と言っていました。

 

息子はi-colorターコイズで、 i-colorブ ルーの私とは同じ展開グループ

 

 

息子については、理解しやすいですが、娘については、?????が多いので、これからもタイプの違いを意識していかないとと思った出来事でした。

 

Shiruru
短時間勤務管理職
はぴきゃりアカデミー第8期修了/i-colorブルー。息子(小学校6年)、娘(小学校3年)を持つ40代ワーキングマザー(短時間勤務管理職)。ワーキングマザーが自分と自分の子どもについて知ることで、個性を活かす子育てができるようi-colorセミナー、i-colorカウンセリングを実施中。
>> 詳しいプロフィールはこちら