こんにちは。Jr.アスリート分析アドバイザー、i-colorオレンジの河野真杞です。

先日はぴきゃりアカデミー修了生総勢21名で伊豆に一泊合宿に行ってきました!
20代~40代まで年齢も職業も様々。初対面同士の人もいましたが、何の違和感もなく以前から知り合いであったかのようにすぐに打ち解けられるのが、修了生のすごいところです。
はぴきゃり講座では自分自身について掘り下げますが、様々な志向タイプについて学ぶ事で、いつの間にか『どんな人ともスムーズにコミュニケーションできる』ようになるのは、人生において大きなメリットと言えるでしょう。私も今では人に対してイライラする事が本当になくなりました。

そしてこの合宿でも色々な気づきがありましたが、特徴が明確に出ていたことをひとつご報告します。
それは希望優先タイプとリスク優先タイプの違いです。

 

◆希望優先タイプは無邪気な少女

希望優先タイプ(i-colorターコイズ・ゴールド・ピンク・コーラル・レッド・オリーブ)の女性達は皆、年齢を重ねても少女のような無邪気さと可愛さを持っている人達です。
口ぐせは
「大丈夫大丈夫!なんとかなるでしょ!」
「わー楽しそう!行こう行こう!」
先々の心配や対策を考えるより、まずは行動を起こしてしまえる人達です。

 

◆リスク優先タイプは慎重な母親

それに対してリスク優先タイプ(i-colorブルー・グリーン・イエロー・オレンジ・ロイヤルブルー・バイオレット)は、常に次に起こるマイナスを予測し対応策を立ててから進み出す慎重な人達。口ぐせは
「もし〇〇になったらどうするの?」
「〇〇になってもこれ用意したから大丈夫よ」

そう、イメージで言えば、希望優先タイプは興味のあるところに走って行く無邪気な少女、リスク優先タイプは少女がケガしないように準備をする母親なのです。

 

◆展望台でのリアクションの違い
伊豆合宿では1日目にワールドカフェ形式の意見交換会を行い、夜は伊豆の街に繰り出してバル体験、2日目は近くの小室山の展望台に行きました。
気持ちの良い快晴の中、皆で展望台に上がり、360度パノラマの素晴らしい景色を目の前にした時でした。

リスク優先タイプが先に展望台上に到着すると
「高いところは空気がおいしいねぇ」
「やっぱりこういう場所は快晴の日に限るよねぇ」
「海の向こうに見えるあの島はなに島だろう?」
と低めの声で感想を述べ合っていると、ワイワイとおしゃべりしながら螺旋階段を上がってくる声が聞こえてきました。
そしてそのメンバー達が頂上に着くと
「キャー!!すごーーーい!!きれーーーーい!!」
とまるで女子高生のような高い声を上げ、すぐに皆で写真を撮りまくり出したのです!
もちろんこのメンバー達は大半が希望優先タイプでした。

偶然にも展望台に到着するタイミングがほぼきっちり2つのタイプに分かれていた時に起こったこのリアクションの違いには、思わず笑ってしまいました。
そして、リスク優先タイプの私は「同じ声出せるかな?」と希望優先タイプと同じ声の高さで
「きれーーーい!」
と言ってみましたが、かなり頑張らないと出ない程のハイトーンでした(笑)。

 

◆普段の様子でも見極められる2つのタイプ
i-colorを調べなくても
★希望優先タイプ
・いくつになっても元気いっぱい
・声が高めでリアクションが大きい
・どこか危なっかしい行動をする事も
・にくめない可愛さがある

★リスク優先タイプ
・子どもの頃から落ち着ていると言われてきた
・声は低めで淡々と話す
・何をするにもまず考えてから動く
・お母さん的存在

という様子から、この2タイプは見極められるでしょう。
そして餅は餅屋、職場でも両方のタイプがお互いの長所を生かした仕事を担当する事で、最高のものが出来上がるのです。

お互いの違いに眉をひそめずに受け入れて、お互いの良さを最大限に生かし合っていきたいですね♪

河野真杞
Jr.アスリート分析アドバイザー
はぴきゃりアカデミー第9期修了/i-colorオレンジ。統計心理学i-colorを活用し、各種スポーツコーチやJr.アスリートの保護者、子育て中の親を対象に、セミナーや個別アドバイスを実施。子ども達の自信やモチベーションをアップして『自己肯定感を持って実力を出せる子ども』の育成を目的に活動中。著書に『子どものやる気を引き出す親うばう親』(キノブックス)がある。
>>ブログ『子どもの特性を伸ばしたい!選手の力を最大限に生かしたい方々へ』
>>詳しいプロフィールはこちら