4月❀新たな出逢い、スタートの季節ですね。やまともです。

先日 結婚式に行ってきました。久々の結婚式♡幸せな気分になりました。

 

ケーキをお互いに食べさせ合う「ファーストバイト」って最近の演出なんでしょうか?私の時にはなかったような…

「一生食べるものには困らせない」

「一生美味しい食事を作ってあげる」そんな意味合いがあるんですね。

 

慣れ親しんだ味ってかなり重要で「美味しいと感じるのも人それぞれ?」という事で、手料理を作ってもらった時「この味合わないなぁ」と思ったら…

興味深い話を聞いたので、今回はそのテーマについて

 

♦胃袋を掴むと言いますが♦

 

「男性の心をつかむにはまず胃袋から」という言葉がありますが「胃袋婚」なんて言葉もあるんですね。

お料理かぁ…という私には耳の痛い言葉ですが。

 

出身が違ったり、育ってきた環境(おふくろの味)で濃いのが好きだったり薄味が好きだったり、料理の好みは人それぞれ。

 

もし彼女や奥様(彼氏や旦那様)が作ってくれた料理が口に合わなかったらどうしますか?

 

①相手との今後も考え、はっきり言う

②相手に悪いのでハッキリ言わず、とりあえ我慢する

等あると思います。

 

そうですね~私(表現G・希望優先型)は、まずは「美味しい😊」とか「凄い❗」と言います。

で味付けの話題になったら「薄味が好き~」とか、自分なりにやんわり好みを言うかもしれませんが…

皆さんいかがでしょうか。

 

この質問で眼から鱗の回答が「一緒に作って、自分の好みを伝える」というモノ

この答え i-colorオレンジ・グリーン(表現G・リスク優先型)が結構多いそうなんです!

最近はお料理をする男性も増えていますし、「今度 一緒に作ろう♪」なんて言いながら

作る工程で「塩は少な目がいいね」とか「薄味が好きだ」とか好みを伝えると、嫌な気分にはならないですよね♡

 

自分の好む味を、相手に嫌な思いをさせずに伝える方法

i-colorグリーンは「相手との調和を大切にする」だけあってさすがだなぁ~と思いました。

i-colorオレンジも自分の思想を形にするのが得意なので、一緒に作ってしまった方が伝わりやすい!という考えもあるのでしょうか。

 

そういえば長女(オレンジ)は昔からお料理大好き!

自らキッチンに立ちますが、もしかしたら「あら?この母の味、合わない」だったのかしら^^;

 

因みに「本人の為にハッキリ言う」ってご意見は、意外にも発案Gに多く!

特に身内に厳しいと言われるi-colorピンクの弟は結構母の料理にダメだししていたような…

そんな気もします。

 

もちろん人それぞれですが「あら?この味合わない」と思った時の上手な対応。参考にしたいなぁ~と思った一日でした。

 

では4月も顔も心も上向きに↑↑お過ごし下さい。

山崎智子
顔gankin筋トレーナー
はぴきゃりアカデミー第12期修了/i-coloゴールド。のべ5000人以上のお顔に触れてきたフェイシャルエステティシャンであり、その経験を活かし、自分自身でできる「顔gankin筋トレーニング」講座を開講。「顔も心も上向きに↑↑」をモットーに 笑顔の女性が増えるお手伝いをしている。
>>ブログ『顔も心も上向きに↑↑』
>>詳しいプロフィールはこちら