顔gankin筋トレーナーのやまともです。

 

長年 続けてきたことを辞める!という決断。

何か新しい事を始めよう!と思うより、ずっとずっと覚悟がいります。

 

浅田真央さんの引退会見、涙された方も多いと思いますが、

真央さんの「一度 自分で口にしてしまった事なので、やりとげなければいけないと思って悩んだ」という言葉、とても印象的でした。

ちなみに浅田真央さんは i-colorゴールド。

表現グループ(★i-colorについて 参照)は

「自分の力で何かをカタチにする、結果を出すのが好きなグループ」です。

 

「自分が口にした事」=「必達」のイメージがあり、私も「自分がやると決めた事」に執着し、苦しかった経験、多々あります。

皆さんは いかがですか?

 

実は プライベートな娘の話ですが、この3月で「潔い決断」をしたのが 

コーラル(表現グループ)次女です。

 

ベビー時代から通っていた スイミングスクール。

小学校2年生からは「選手コース」に入り、

年末年始もなく週6日泳ぎ続けて、タイムとの格闘を続けていました。

 

そして3月末「規定タイムが切れなかったら辞める」と言っていたのですが、結果 目標はクリアできず。

 

その後、クラス編成が発表。

タイム基準のみではなく、今後の事情も考慮されたクラス編成になりました。

 

本人は納得にいかなかった様子。

いままで どんなにきつい練習でも辞めたいとは言わなかった次女が

初めて「もう プールはいいかなぁ~」とポツリ。

 

昔から 順番を守らないとか、例外的な事(いわゆる大人の事情等)に「おかしい!」と主張してくる次女。

親が「せっかく今まで頑張ってきたのに…もう少し 続けてみたら?」なんて言う間もない位

わずか2日で!潔く辞める決断をしました。

 

♦潔い決断で 学んだこと♦

今回、娘の決断で学んだこと。

捨てるって 難しいけど、時にはとても大切で、そこには「潔さ」が必要であること。

 

もちろん継続する事は とても大切。「継続は力なり」です。

しかしその「継続」してきた自分に重きを置きすぎると…

もし 仕事であれば、今まで気づいてきたキャリアや収入に対して「せっかくここまでやってきたから」と、「もったいない病」になりがち。

 

私もそういった経験があります。結果「変わらない」という選択をすることで、次への一歩が踏み出せない。

 

でも ふと思う事。「時間は限られている」

今 手に抱えきれないほどのたくさんのモノを持ていたら、新しい 本当に欲しいモノが見つかった時追加して持つことができない。

 

だから「捨てる」時は 潔く!

捨てたら後ろを振り向かない!そうあれたら いいなぁと思います。

 

♦過去+〇=〇♦

GWは毎年 休みなくプール練習があった娘、

「今年はプールの合宿はないのねぇ~」と少し寂しげに話した私に

「もう 終わったことは言わない!」とあっさり。

そうね、過ぎたことは振り返らない。

 

先日教えてもらった言葉「過去+〇=〇」

時間軸で考えると「過去+現在=未来」だと思いますが、

変わらない「過去」に、足す数→自分のありたい「未来」をプラスする事で、今「現在」の自分になる。

【過去+未来=現在】

 

しばらく 娘の「足す数」探しが楽しみです。

では今日も顔も心も上向きに↑↑お過ごしください!(^^)!

 

♦お知らせ♦

やまともLINE@ 「顔も心も上向きに↑↑」顔筋の事、心上向き情報、発信中。

 

次回 新宿伊勢丹講座は6月です!

5感を磨いて輝く表情に ~自分で出来る顔gankin筋トレーニング~ 6/5(月)、19(月) 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山崎智子
顔gankin筋トレーナー
はぴきゃりアカデミー第12期修了/i-coloゴールド。のべ5000人以上のお顔に触れてきたフェイシャルエステティシャンであり、その経験を活かし、自分自身でできる「顔gankin筋トレーニング」講座を開講。「顔も心も上向きに↑↑」をモットーに 笑顔の女性が増えるお手伝いをしている。
>>ブログ『顔も心も上向きに↑↑』
>>詳しいプロフィールはこちら