顔gankin筋トレーナーのやまともです。

先日 娘達とおもしろいゲームをやりました。

 

「一人称ゲーム」自分自身をさす言葉を どれだけ言えるか。

 

「私」「うち」「自分」「僕」「おれ」「わたくし」「我(われ)」

「お母さん」「おばさん」「おねえさん」→(娘の回答です。さすがに 私は言い難い)

歴史にはまっている次女からは「せっしゃ」 う~ん 渋い!

 

英語は「I」で表されるのに対し、日本語は 実にたくさんありますね。

 

自分をどの一人称で表現するかで、印象が変わってくると言われています。

「うちさぁ~」というのと「わたくしは」というのでは、随分違いますよね。

また、どのように呼ばれるかでも 大きく変わります。

 

♦色々な「顔」を持っている♦

 

一人称の使い分けは、日頃 皆さん自然とされていると思います。

年齢を重ねる事に、ライフステージの変化事に、たくさんの呼び名が増えます。

そう たくさんの「顔」を持つことになります。

 

 

そしてその役割によって 性格も形成されていくそうです。

~参考文献【はじめての「自分で治す」こころの教科書】著書 神田裕子 クローバー出版~ 

上記表は「性格構造の4重丸」ですが

気質=生まれ持ったもの 親から遺伝的に引き継いだもの

i-colorはここを指しています。生まれ持った素質が 本来の自分だと考えます。

 

②気性 幼少期の対人関係(親のしつけや兄弟順位)家族との関係でできる性格→

③習慣的性格 小中高生(親から離れた 家族外の集団生活の中)で作られた性格→

④役割的性格 現在おかれている状況での役割(仕事、結婚、出産等役割)によってつくられた性格

 

歳を重ねる事に、後天的に役割的性格=現在の性格がつくられていきます。

 

はぴきゃり受講中も i-colorの結果にピンとこない仲間が、過去の嬉しかった事、

ワクワクしたことを考えると、あ~納得!!という事が結構ありました。

 

私達は色々な「顔」の中で生きています。

私の場合、仕事での「私」家庭での「妻」「母」の役割があります。

 

長女出産後、「〇○ちゃんママ」に慣れず、

仕事&保育園探しを 必死にやった経験があります。きっと仕事の「私」を探していたのかもしれません。

 

自分で選んだものの、保育園生活が始まったら

朝の準備から送迎、通勤まででヘトヘト…疲弊していた時期も。

今は そんな体力…きっとないかな(~_~;)

 

あの頃は 色々な「顔」で忙しく、

顔の「筋肉」なんて 考えたこともなかったと思います(笑)

 

役割に重きをおいていると、素質がわからなくなってしまう。

 

子供が手が離れてくると、時間が出来る。

そんな時に「自分が何をしたいか、何が出来るかわからない」という方。

実はたくさん いらしゃいます。

 

そんな時に ふと「素質」=「本来の自分」を思い返してみる。

私って 何が好きだったんだっけ?何にワクワクしてたんだっけ?

是非i-color 参考にしてみて下さい。

 

「後天的な性格(役割的性格)の方が 変えるのは簡単です」

 

そして朝晩、ご自身を「お手当」しながら ご自身に「エール」を送る。

自分を労わり、振り返る時間はお勧めです。

(「お手当」方法はついてはこちら 男脳と女脳 )

 

たくさんの役割の中で 頑張っているのですから 欲張っていい!

そんな熱い思いを込めて♡2月25日に講座を開催します。

 

たくさんの「顔」を持ち、日々 頑張っている皆さんに是非 聞いて頂けたら幸いです。

ママは女である! 

 

そして「一人称ゲーム」結構面白いので、是非やってみてくださいね!

お子さんの 渋い一面がみれるかも??

 

☆こちらも ただいま募集中です! ~2月2日、3月2日~

仕事帰りに表情を磨く ~美容器具いらずの顔gankin筋トレーニング~

素敵なことに☆☆筋肉は何歳からでも 鍛えられます。

気になった時が 「取組み元年」是非 お試しください。

 

では 今日も顔も心も上向きに↑↑お過ごしください。

山崎智子
顔gankin筋トレーナー
はぴきゃりアカデミー第12期修了/i-coloゴールド。のべ5000人以上のお顔に触れてきたフェイシャルエステティシャンであり、その経験を活かし、自分自身でできる「顔gankin筋トレーニング」講座を開講。「顔も心も上向きに↑↑」をモットーに 笑顔の女性が増えるお手伝いをしている。
>>ブログ『顔も心も上向きに↑↑』
>>詳しいプロフィールはこちら