はぴきゃりアカデミーのつっちー@コーラルです。

 

突然ですが、最近、改めて「ぽんちゃん(=がん)」との付き合いは、天寿を全うするその日まで終わることはないんだな、と実感し、少々、落ちております。

 

 

きっかけは、術後、5年にわたって続けてきた投薬治療が終了したことでした。

 

投薬治療中は、「副作用に悩まされても、5年我慢すれば、解放される!」を、信じて疑わなかったからこそ、耐えてこられたところがありました。

 

ところが、その期待は大きく裏切られる格好となってしまいました。

 

投薬治療中は、ホットフラッシュや不眠、関節痛(こわばり)、息切れや空咳、精神不安定といった副作用が続き、それでもなんとか低め安定をキープしていました。

 

低め安定をキープできた背景には、「終われば解放される」「5年我慢すれば、解放される」という希望があったからだと分析しています。

 

ちなみに、i-colorコーラルは、「希望優先」という思考の傾向があります。

目指すゴールに希望ある未来が描ければ、そこまでの道のりが仮にかなりハードだったとしても、案外、前向きに取り組めるところがあります。

 

治療中は、その傾向が良い方向に働いたからこそ、5年間、耐え忍んでこれたのではないかと考えています。

 

なのに、実際にたどり着いたゴールは、副作用から解放されるどころか、むしろ、バランスが崩れたことでさらにひどい状態に。。。涙 ←たぶん、一時的なもの、のはず。でないと、困る〜〜〜〜 😥 !

 

ホットフラッシュは相変わらずだし、空咳や息切れなどの呼吸障害も季節の変わり目も相まって、今や喘息の薬を手放せない状態。

 

精神バランスもめちゃくちゃで、本来は、i-colorコーラルの強みでもある集中力が落ちまくり。

効率的に運べないどころか、例えば、六本木に向かっていたはずなのに広尾に行ってしまい、駅を出てから「違う」と気づいて愕然としたり。。。

先日も、本来なら30分でたどり着けるところに1時間半もかかっちゃいました。。。 😯 汗

 

いつもってわけではないのですが、いつ、そうなっちゃうかわからないので、アポイントがあるときは、予定より2〜3倍余計に移動時間を設定して動いてます。

 

仕事中、突然、涙がこぼれ落ちたり、朝、起きたら顔が涙でぐしょぐしょだったり、怒りが抑えられなくて、些細なことでわんこに当たっちゃったり、自分の感情がコントロールできなくなっている感も。

 

そんなアンバランスさに伴って、食欲も低下。特に午前中からお昼にかけては、固形物を受け付けず、飲み物やスープでしのぐ状態。

 

まぁ、おかげで体重、内臓脂肪率共に数値が下がっているのはありがたいことです(笑)

 

 

ここ1、2週間は、あ〜っ 終わったはずなのに、大きなハードルを超えたはずなのに。。。

どうしても、そんな風に後ろ向きになっちゃいます。

 

 

ちなみに、私に今、起こっている状況は、がん治療の晩期障害というのだそうです。

 

これは、すべての人がなるわけではないとか。

症状が出るタイミングも、積極的治療が終わった直後の場合もあれば、数ヶ月、数年後に出ることもあるそう。

また、症状の内容も、倦怠感や集中力の低下、うつ症状といったものから、痛みなど様々だとか。

 

つまり、治療の副作用と同じく、個々人で出方もレベル感も全然、違うようです。

 

そうそう、この晩期障害、数ヶ月から1年もすれば、症状は改善することが多いらしいんですけどね。

 

 

頭ではわかっているんですよ、一次的なもの(のはずだ)って。

 

でもね、でも、やっぱり、5年の投薬治療の終了=ゴールテープが切れる!と思った矢先、目指したゴールテープが遠のいてしまった気分で、どうしても応えてしまうんですよね。

 

 

i-colorコーラルが属する表現グループは、目指す結果・ゴールへのコミットメントが強い傾向があります。

そこが、大きな魅力なのですが、「何が何でもゴールしたい!」「結果を出したい!」という気持ちが強いがあまり、結構、無理してというか、全速力でゴールまで走っているケースが多いんですよね。

よく「倒れこみゴール」という表現をするのですが、まさにそんな感じのイメージ。

 

だからこそ、正直、辛いんです。

ゴールを先延ばしにされるのって。

 

だって、もうエネルギーが空っぽですもん。

なのに、もう一息って。。。

 

今回の事態は、まさに倒れこみゴールしたつもりが、先延ばしにされて愕然としている状態。

 

治療中、どこに違和感や辛さを覚えるかは、素質によっても異なるのだと思います。

 

自分の素質傾向が良い方向に向かうように配慮し、うまく回っていたんですけどね。
一度、裏目に出てしまったときは、リカバリーするのは、時間と労力が必要なのかもしれません。

 

当面は、「たぶん、いつか来るだろう今の状況が改善する日」を夢にみて、だましだましやっていきたいと思います。

 

この「たぶん」とか「いつか」とか、期限をはっきり、きれない状態は、表現Gにはとっても辛い状況ですが、漠とした目標でどうモチベーションを上げていくかは、一つのチャレンジかも?と。

 

ひと休みを挟みながら、空っぽになったエネルギーを少々、チャージして、ゆるゆると再エンジンをかけたいな、と思っております。

 

 

 

 

 

i-colorで自分を掘り下げたら、そのモヤモヤの原因がわかるかも?
ココロもサイフも満たされる一生モノの仕事、生き方探しの入門編
i-color体験講座のご案内です!!

 

3月の開催は、

15日(木)10:00〜13:00

25日(日)14:30〜17:30

31日(土)14:30〜17:30

です!

 

詳細は、こちら>>

 

土屋美樹
株式会社はぴきゃり 取締役 統計心理学i-colorエグゼクティブトレーナー/i-colorコーラル。就職活動に失敗、父親の介護のためのキャリアチェンジ、乳がん罹患など、様々なピンチを乗り越えてきた経験をベースに、ピンチとキャリアの両立をテーマに情報提供中。 >>詳しいプロフィールはこちら