↑2週間、私が学んだ専用ブース。各授業を担当してくれるティーチャーが来てくれる仕組み。

 

はぴきゃりアカデミーのつっちーです。

7月後半から2週間の日程で、フィリピン・ゼブ島に語学留学に行ってきました!!

 

思えば、「留学」というシステムがあることを知った高校時代以来、

いつかは留学してみたい!と、思ってきました。

が、

まさか、アラフィフになってその夢が叶うとは!

人生、その気になれば、幾つになってもチャレンジはできる、ということですね。

改めて、生きててよかった(笑)

 

今回、なぜ、留学先にセブ(フィリピン)を選んだのかというと、一番は、何と言っても留学費用の安さ(爆)。

短期留学先として人気のハワイやオーストラリアと比べると、2分の1〜3分の1という低価格で行けちゃうんです。

 

しかも、フィリピン人の英語レベルは、世界的に見ても高いそう。

ちなみに、2016年の英語力ランキングのアジア圏版では、

シンガポール、マレーシアに続いて3位にランクインしています。

日本はというと、アジアで10位。世界的には、72カ国中35位で、英語レベルは「低い」(標準以下)となっています(涙)

 

さらに言うと、今回、私がお世話になった「ファーストイングリッシュ・グローバル・カレッジ」は、日本人経営。

有名学習塾の運営実績を生かし、日本人が苦手としているポイントを効率よく克服・強化できるよう考えられたカリキュラムに定評があります。

もちろん、先生は全てフィリピーナで、英語オンリー。

 

圧倒的な留学費用の安さ、

世界的に見ても高い英語レベル、

日本人経営という安心感、

定評のあるカリキュラム、

フライト時間も5時間程度という近さ……

 

これを「お得!」と言わずに、何をいうのかってくらい、そのコスパの高さは、言うまでもありません。

 

採算、コラムにも書いている通り、私の素質・i-colorコーラルは、コスパが大、大、だぁ〜い好き!!

そんな私にとっては、まさにうってつけの留学先だったってわけです。

 

では、実際、留学をしてみてどうだったかというと、

想像以上にコスパがよく、大満足でした。

 

例えば、寮生活(3食つき)。

留学費用の中には、寮への滞在費、食事が入っています。

食事は、さすがに日本食というわけにはいきませんが、それでも十分、美味しくいただける内容でした。

←3食のメニューはこんな感じ

 

日本にいれば、自分で食事の準備はしなければなりませんが、留学中は時間になれば食事が出てくるので、その分、英語の勉強に時間を費やせる、というわけです。

 

また、寮(ドミトリー)には、テレビなどの手軽な娯楽がありません。

しかも、学校があるマクタン島(セブ島の隣の島)は、セブシティに比べると、「ド」がつく田舎。

↑人間よりヤギの方が多い?と思うくらい、のどかな田舎風景が続いています

 

外食しようにも、タクシーを呼ばないと行けない煩わしさから、自然と空き時間は英語の勉強に当てることに。

 

授業は基本、フィリピーナの先生とのマンツーマンレッスンなので、予習・復習をしておかないと、翌日のクラスで死ぬことになっちゃうわけで、もはや追い詰められるが如く英語の勉強に勤しみました(笑)。

 

というわけで、文字どおり「英語漬け」な2週間を過ごした、というか、

過ごせた、わけです。

 

最初は、先生たちからの問い掛けにビビりまくって、完全にフリーズしていた私も、3日が過ぎたあたりから、

「どうせやるなら、とことん!」

と、コスパに加え、これまたi-colorコーラル特有の負けず嫌いも相まって、自分でもビックリするほど、勉強しました、英語。

受験生だった時にもこんなに勉強したことはないってくらいに。

時間がもったいなくて、トイレの中でまで、発音の復習してました(爆)

 

ここまでめっこり集中して英語の勉強ができたのですから、その充実感は言うことなし。

 

単なる費用面だけでなく、カリキュラムも集中して学べる環境を鑑みても、やっぱりコスパは高い!!

 

仕事とは違う充実感・達成感は、なかなかのものでした!!

 

次回は、留学生活についてご紹介しますね!! お楽しみに❤️

 

 

◇◇◇i-color体験会のお知らせ◇◇◇
 
i-colorを使って、自分を掘り下げて見ませんか?
ココロもサイフも満たされる“恋する仕事”発見セミナー

 

次回の開催は、8月26日(土)14:30〜

詳細はこちら>>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土屋美樹
株式会社はぴきゃり 取締役
統計心理学i-colorエグゼクティブトレーナー/i-colorコーラル。就職活動に失敗、父親の介護のためのキャリアチェンジ、乳がん罹患など、様々なピンチを乗り越えてきた経験をベースに、ピンチとキャリアの両立をテーマに情報提供中。
>>詳しいプロフィールはこちら