つっちー@コーラルです。

気がつけば3月ですね〜。

実は、右胸にポン(がん)ちゃんがいることが発覚したのが、今から5年前。

3月の今頃でした。

 

きっかけは、右肩の異様な凝りでした。

さらに、右胸にえくぼのような、ごくごく小さなくぼみを見つけて、「これは乳がんにちがいない!」と、クリニックに勇足で向かったことを覚えています。

今思えば、あの時の判断が、全ての鍵だったなぁ〜と。

 

「乳がんかも?」という疑いが頭を過ぎった時は、さすがの私もビビりました。一瞬ですけど 😆 

 

ただ、「まずは、乳がんかどうかを確かめなくちゃ!」と、すぐに気持ちが切り替わったのは、きっと私が事実や結果を知りたいi-colorコーラルという素質の持ち主だったから。

そして、乳がんだとわかった途端、乳がん克服に向けて、メラメラと闘志が湧いてきて、スーパーサイア人のごとくパワーアップしたのも、i-colorコーラルが持つ、コンペティションというモチベーションがあったから。

とはいえ、とにかく痛いのが苦手で、中でも注射が大嫌いな私にとっては、検査でも治療でもやたらと針を刺されるので、かなり萎えることもありました。

 

検査結果も、当初の話より、はるかに悪いものばかりで、いくら事実を知りたい素質の私でも、さすがに何度も落ち込みました。

 

でも、総じて楽しい思い出になっているのは、どうせやるなら楽しみたい! i-colorコーラルという素質が遺憾なく発揮されたおかげ。

 

そんなi-colorコーラル全開で取り組んでいた治療の中で、唯一、命を預ける執刀医を決める断だけは、第3の素質のi-colorイエローが発揮されたのは、私自身、驚愕の事実でした。

 

ちなみに、i-colorでは

リラックスしている時に出る素質=内面と、

初対面の際に見られたい自分・仕事など目的達成のツールとして発揮される素質=外面、

そして、究極に追い込まれた時に、救世主のように現れる(?)素質=第3エレメンツ

の3つの要素から構成されていると考えられています。

 

私の第3エレメンツは、i-colorイエローで、信頼・信用を重視する発案グループ。

それまで、散々、執刀医の実力は? 実績は? と、人となりというよりは、その人の実力や実績面に着目するi-colorコーラルならではの視点で選ぼう、判断しようとしてきたくせに、最終的にこの先生にお願いしよう! と、腹をくくった決め手は、実は先生の人間性だった時には、自分でも吹き出しそうになっちゃいました。

 

どうせ抗がん剤治療をしなければならないのなら、結果次第では、全摘手術から温存手術に術式変更ができるかもしれない術前での投与を選びました。殊の外、薬が効いて、ポンちゃんは、見つかった当初の3分の1にまで縮小。脇のリンパ節に見つかった転移に至っては、画像上は消失! という好結果でした。が、正直、それでも部分切除は難しいんだろうな、と覚悟してました。だって、検査してくれる先生方の口ぶりや態度を見れば、なんとなくわかりますから。そんな淡い期待と、覚悟を胸に執刀医が待つ診察室に入りました。

 

すると、「まぁ、温存手術ができなくもないけどねぇ〜」と、先生の口から思いもよらない言葉が!!!

 

一瞬、「えっ?」と、耳を疑いました。なぜって、いつも淡々としていて、私の気持ちとか、希望とか興味ないんだろうなぁ〜と、勝手に思い込んでいた先生が、温存手術を希望していたこと覚えていてくれたから。なんとか希望を叶えられないかと考えていてくれたから。とにかく、私の想いを精一杯、汲み取ろうとしてくれていた姿勢に、密かに感動していました。

 

この言葉を聞いた時、「執刀医は先生でいいです、いいや、先生がいいです!」って心が決まりました。

 

「先生がその方がいいと判断するなら、術式も、温存じゃなくていいです、全摘でいいですっ!」って、一点の曇りもなくそう思えました。

 

私にとっての乳ポン治療ライフは、自分の素質を究極の状態で見つめる、実感する絶好の機会だったなぁ〜と、しみじみ思います。

 

と、同時に、自分の素質に沿った決断ができたからこそ、納得して治療に望むことができたんだなぁ〜と、つくづく思います。

 

幸運にも、発見時の最悪な状況(いわゆる進行がん状態)から、無事、サバイバーへの一歩を踏み出すことができました。

 

予想以上の好結果を得られた背景には、

私の治療に尽力してくれた医療関係者の皆様、

治療中、仕事の面、プライベートの面でサポートしてくれた家族や大切な仲間、

同じ病を患ってきた先輩方と

たくさんの人の力添えはもちろん、

素質を受け止め、素質通りの判断を繰り返すことができたことが大きかったんじゃないかな、と。

 

ホント、自分の素質を知っていてよかったなぁ〜と、一人感慨に耽る、3月の某日でした 😀 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

3月24日(金)18:00〜
独立系のお金の学校のトップ!「ファイナンシャル・アカデミー」で

「乳がんとお金」
今から備える治療費と家計

をテーマにセミナーさせていただくことになりました!!!

・乳がんの予防、検診の重要性
・がんになって、家計にかかる8つの負担
・家計を守る医療保険・がん保険選択ノウハウ
・治療費が支払えない場合は、どうするか?
・困ったときの、相談先一覧
・「高額医療費制度」の利用方法を知ろう
・がん体験者の家計簿
・働きながら治療できる3つの方法
・保険適応になるのはどれ? 
検査料、差額ベッド代、放射線治療代、診断書作成費用..etc

といったテーマで、体験者だからこその「本当のところ」を
赤裸々にお伝えしちゃいます。

ご興味のある方は、ぜひ、遊びに来て下さいね〜。

セミナー詳細はこちら>>

土屋美樹
株式会社はぴきゃり 取締役
統計心理学i-colorエグゼクティブトレーナー/i-colorコーラル。就職活動に失敗、父親の介護のためのキャリアチェンジ、乳がん罹患など、様々なピンチを乗り越えてきた経験をベースに、ピンチとキャリアの両立をテーマに情報提供中。
>>詳しいプロフィールはこちら