75c0ebeffd68e89bd6394dc5644cf397_l

 

はぴきゃりアカデミーのつっちーです。

 

土曜日は、“恋する仕事”発見セミナーでした。

セミナーでは、i-colorのレクチャーの前にアイスブレイクを兼ねたワークをやるのですが、今回も、まだ何もお伝えしていないのに、見事に表現グループさんは表現グループらしい回答を、展開グループさんは展開グループさんらしい回答をしていて、心の中でつい、笑ってしまいました!!

 

受講生のみなさんは、自分の素質グループでは考えが全く及ばなかった視点からの互いの回答に「そう来るんだ!」という新鮮な驚きも実感していたようで、結果、「自分と他人は、こうも視点や思考パターンが違うんだ!」ということを腹落ちできたみたいです。

よかった!! よかった!!

 

 

で、本日は、“恋する仕事”発見セミナーでも、よくあがる質問をテーマにお届けしたいと思います。

 

「外面のi-colorの方がしっくりいくので、外面のi-colorをベースに方向性を考えるのでは、ダメなんですか?」

これ、よく聞かれる質問の一つ。

 

実は、初めは内面のi-colorより、外面のi-colorの方が自分らしいとしっくりくるケース、とっても多いんです。

そんな時は、外面もあなたの素質であることには変わりませんが、自分軸を探していく際には、内面に着目しましょう、とお答えしています。

 

 

なぜか。

 

 

内面の素質とは、まさに素の状態に発揮されるもの。喜怒哀楽といった感情や、つい、気になってしまう、夢中になってしまうといったこだわりや価値観は、この内面の素質が効いていることが多いからです。

 

一方、外面の素質は、初対面の時に無意識に顔を出す「よそ行きの自分」だったり、仕事などで目標を達成するためのツールとして発揮されることが多いもの。

まぁ、ウルトラマンに変身するみたいな感じで、上手に活用すれば、かなり使える自分ですが、そのパワーが使える時間はウルトラマン同様限られていることが多く、持続性に乏しいのが難点。

 

なので、持続的に自分の心を満たしてあげるには、内面の自分が喜ぶポイントを見つけることが先決、というわけです。

 

 

では、内面と外面、出方にどんな違いがあるのか、エピソードを踏まえてご紹介しますね。

 

これは21期生の第1回スクーリングでのこと。

第1回スクーリングでは、自分の詳細なi-color診断結果を読んで、「あるある」と感じたキーワードを発表するワークがあるのですが、内面がバイオレットのある受講生は、「必要としている誰かのために」調べることが好き、と答えていました。

 

ちなみに、私は外面がi-colorバイオレット。

何か目標達成しようとする際、まずは基本情報を徹底的に調べてから進めようとする癖があります。だから、調べることが好き、という点に関しては、ものすごく共感できるのです。ただ、どうしても引っかかってしまうのが、

「必要としている誰かのために」

というポイント。

 

 

過去、徹底的に調べたことでうまくいった事例はいくつもあります。

例えば、乳がんの治療。

市販されている書籍はもちろん、病院の図書室にある論文発表を集めた専門書まで読み漁り、見つけた疑問やこんな風に治療を進められたら、というリクエストをまとめては、診察時、お医者様に確認したり、お願いしたりしていました。

 

イソフラボン1日40mgまでは、摂取量と治療や予防効果が比例して高まり、逆にそれを超えると、治療や予防効果へのプラスの影響が減るとか、アメリカのある調査では、BMI値が25以上の肥満になると、抗がん剤の効果が著しく低下する傾向があるなど、得た情報をヒントに治療中の食生活を工夫したり、体重管理をしたり、今振り返っても、惚れ惚れするくらい外面バイオレットの調査力を発揮していました。

 

ただ、内面バイオレット(私たちは、真正バイオレットと呼んでます)の人と大きく違うのは、その特徴が発動する条件。

 

真正バイオレット=内面バイオレットの人は、世のため人のためをモットーとする発案グループに属するだけに、発動条件は「必要とする誰か」「困っている誰か」のため、となります。

 

が、私は自分の夢を自分の力で実現したい表現グループなので、バイオレットの特徴である調査力の発動条件は、「自分の目標達成」、ご紹介した乳がん治療で言えば、「私が完治、根治するため」というのが、発動条件=スイッチになっていたわけです。

 

自分のためだけに、というのがあんまり寂しかったので、「誰かのため」をきっかけに調査力が発揮されたエピソードはなかったかな、とめっちゃ過去を思い出してみたのですが、

 

 

。。。残念ながら、出てくるのは、自分のためばかり。。。汗

 

 

やっぱり、自分が達成したい目標や夢のためでないと、ダメなんだなぁ〜と、改めて実感する結果となりました。

 

こんな風に、自分の素質でも、内面のi-colorと、外面のi-colorでは、発揮され方が大きく異なります。

全ては、内面のi-colorが土台になりますから、まずは自分の内面の素質をベースに自分を振り返ることが、ハッピーキャリアの第一歩。

ぜひ、自分の内面の素質に着目してみてくださいね。

 

さて、前回の記事で開催日時のみご紹介していた乳がんセミナーですが、詳細が決まりました。

 

テーマは、

乳がんとお金〜いざという時、慌てないための賢い備え方〜

です。

 

毎年、新たに数万人ずつ増えているほど、乳がん罹患者は急増中。特に30代、40代の働き盛り世代、子育て世代に多いのが特徴です。未だ、完璧に予防する方法が確立していない今、できることは、賢く備えるしかありません。いざという時、慌てず騒がず、ついでに楽しく有意義な治療ライフを過ごすために、ここだけは押さえておきたいポイントを「乳がんの基礎知識」「お金」の2つの方向から、私の体験談も踏まえてご紹介します。乳がんを患った人でないとわからない、ここだけの話もたくさんする予定ですので、ぜひ、遊びに来てくださいね。

どれも、知ってて損することはない情報ばかりですよ〜。

開催日時:10月26日(水)19:30〜

開催場所:新宿

詳細は、こちら

 

☆☆☆お知らせ☆☆☆

 

11月の“恋する仕事”発見セミナーの開催は、

5日(土)14:30〜開催

です。

 

記事内でも、ちょいちょい登場している統計心理学i-colorを使って、自分の価値観や強みを再発見したり、見つけた自分らしさを仕事に昇華する方法をお伝えしたり……。

 

アットホームの雰囲気の中、ワークを中心にワイワイ楽しい会ですので、お時間のある方は是非、遊びに来てくださいね。受講者には、代表カナザワとの無料セッションの権利など、特典もいっぱいですよ!!

 

詳細&申し込みはこちら>>

土屋美樹
株式会社はぴきゃり 取締役
統計心理学i-colorエグゼクティブトレーナー/i-colorコーラル。就職活動に失敗、父親の介護のためのキャリアチェンジ、乳がん罹患など、様々なピンチを乗り越えてきた経験をベースに、ピンチとキャリアの両立をテーマに情報提供中。
>>詳しいプロフィールはこちら