puffer-5

 

こんにちは!はぴきゃりアカデミー8期生、

i-colorカウンセラー、Shiruru(i-colorブルー)です。

 

私がi-colorを知ったのは4年前

会社でのダイバーシティ取組で女性のキャリアについて、 

インターネットで調べていた時に、

はぴきゃりアカデミーhttp://happycareer.jp/

のホームページにたどり着きました。

私のi-colorを調べたときのメッセージがコチラ↓

i-color12色の中でもっと も完璧主義なのがi-colorブルー。
ど んなに仲の良い相手にも礼儀を忘れず、

自 他共に厳しく 弱音を吐かない頑張り屋です。
高 いプライドを持つi-colorブルーは、

権威、ステータスを手に入れること が成功へのカギ。
た とえ周囲に反対されても

自 分の信じる道を突き進むパワーが魅力です。

メッ セージを読んで、私が思ったのは

「完璧主義」ってないない。

生年月日だけで調べるって

やっぱり当たらないのね・・・

資格を取ろうと思って勉強しても

受験さえせず、テキストだけが残っ ているなんてことも何回もあったし、

今だって仕事も子育てもなんだか中 途半端だし・・・

とi-colorの結果に自分の中で

たくさんのダメ出しをしてました。

 

でも、何だか気になるi-color

ホームページの講座ラインナップを 見たら

本講座は「恋する仕事」発見がテー マ

仕事については、今の仕事でいい し、

子どもも出来て、恋する仕事とかキャリアとか考えてる暇はないか ら

この講座は私にとっては必要ないものと切り捨てていました。

 

i-colorの結果にたくさんのダメ出しをしていたのに

i-colorについては、何だかひっかかった私は

はぴきゃりアカデミー代表 カナザワさんのメルマガに登録

しばらくはメルマガを読みながら、i-colorブ ルーについての記事に

「やっぱりブルーって違うわぁ~」と思ってました。

 

ある日メルマガで、

i-colorを学ぶ3回講座の案内があり、

「i-colorについてだったら、もっと知りたい」と思って申し込み

講座当日、会場に行くと、まさかの受講生が2名

カナザワさんから「2名で学べるなんてすご~くラッキーよ」と言 われても

「えっ、2人ってどういうこと?」と不安になったのを覚えてま す。

 

講座後の懇親会で、

私がi-colorブルーの完璧さについての納得できない部分を

カナザワさんに伝えると

「だからi-colorブルーなんだよねぇ~」と更に私にとっては

「?????」なコメント

自分に感じてる「?????」を何とか納得したくて

講座に通うものの、自分のタイプについて説明されればされるほど

「何か違う」と違和感が増えるばかり。

 

そんな私が自分のタイプに腑に落ちた瞬間が

決断をするときの希望優先型、リスク優先型の話を聴いた時。

希望優先型

・何かを決断する際、可能性を追求することを優先する

・チャンスに敏感

・過去の話より、未来について聞きたい、見たい

リスク優先型

・何かを決断する際、最悪のリスクを考えて手を打つことを最優先 にする

・リスクに敏感

・未来のために過去の検証、失敗を重視

 

何かをする時には、

いつも最悪のパターンをいくつもいくつも想定して

それに対しての対策が考えられないと行動できず・・・

頭の中では最悪のパターンがありありとイメージできてしまうの で、

よく「成功イメージを描くことが大切」と聴いても

 

「成功イメージってどうやって描けばいいの?」と思ってました。

 

思い返してみると、i-colorを 知って、

i-colorブルーについてのダメ出しばかりしていたのも

私がリスク優先型だったからなんだとわかったら

もっと、もっとi-colorに ついて知りたいという気持ちが強くなって、

3回講座終了後、本講座を受講していました。

 

自分だけではわからない自分について気付くヒントをくれるのがi-color

未だに「i-color12色の中でもっと も完璧主義なのがi-colorブルー」

については、腑に落ちていない私

でも、今まで生きてきて、自分につ いて考えた時間ってどのくらいあっただろう?と

思うと、自分ではわからないことが あるのも仕方ないよねと思えてきました。

i-colorで自分について気付ける人が、もっと、もっと、増えたらいいなぁ~と

思っています。

 

Shiruru
短時間勤務管理職
はぴきゃりアカデミー第8期修了/i-colorブルー。息子(小学校6年)、娘(小学校3年)を持つ40代ワーキングマザー(短時間勤務管理職)。ワーキングマザーが自分と自分の子どもについて知ることで、個性を活かす子育てができるようi-colorセミナー、i-colorカウンセリングを実施中。
>> 詳しいプロフィールはこちら