みなさん、こんにちは^^

はぴきゃり7期卒、i-color×心屋流 みっきーです。

 

 

目の前にいる人を理解できない時、あなたはどんな風に感じますか?

 

 

好きな人なら理解したいと思うかもしれない

 

嫌いな人なら理解したいどころか「私が正しい、相手がおかしい」と主張するかもしれない

 

ただ単に、あの人はああなんだな、私はこうだけど、と気にもとめないかもしれない

 

 

 

理解しがたい行動をとる目の前の人を何とかしたいと思うことはありますか?

 

例えば、言うことをきいてくれない子ども・非協力的な夫・そりのあわない姑・頼りにならない上司・人によって態度を変える同僚・威圧感のすごいお局様・文句ばかり言う後輩…

 

言動一つ一つに、振り回されていませんか?

イライラしていませんか?

 

なんでアイツはああなの?!おかしい!

なんであの人は許されるの?!間違ってる!

 

 

目の前の人の同じ振る舞いを見ても、その時抱く感情は人によって様々。

 

上記のような人に烈火のごとく怒り、常に文句を言う人を多々見てきました。

 

私が気になるポイントと、その人が気になるポイントが一致していることもあれば全然違うこともありました。

私がちょっと嫌かなぁというレベルの言動を、許せない!と憤慨している人もいれば、全く気にしていない人もいました。

 

 

 

目の前の相手をおかしいと思う=自分は正しいと思っている

 

実はそんな部分が隠れていたりします。

 

私は正しい、あの人はおかしい

 

それ、本当?

 

 

 

目の前の人をひどい人だ、ダメな人だと思う時、あなたの中にはどんな感情が生まれているのでしょうか?

 

目の前の人を「もっとちゃんとすべき」「普通はこうあるべき」とジャッジしていませんか?

 

 

 

私が学んだ心屋塾では「目の前の問題はダミー」という考え方があります。

 

目の前のアイツがおかしい!なんとかしなきゃと思ったら、それは本当にあの人の問題なのかよく考える必要があります。

 

結論から言ってしまえば、そこに問題なんてないのです。

 

あいつがおかしいと思うあなたがいるだけ。

目の前の人を問題扱いしているあなたがいるだけ。

 

それ、目の前の人の問題ではなく、あなたの問題だったりするのです。

 

 

 

目の前の人を見ていて、あなたは何を感じているのでしょうか?

イライラ、もやもや、怒り、悲しい、寂しい、嫉妬、不快…

様々な感情が沸き起こって来たら、まずそれを感じてみてくださいね。

目の前の人はきっかけに過ぎないかもしれません。

あなたが問題だと思う言動を通して、あなたに必要な感情を呼び起こしてくれているのかも…

だって、勝手に反応しているのは、あなたの中に反応の種があるから。

 

 

 

i-colorというツールは「自分自身を再発見できるツール」であり

「身近な人間関係をひも解くことのできるツール」でもあります。

 

素質で悪気なく生きる時、お互いのよかれがすれ違い、理解しがたいと感じることもあるでしょう。

そんな時、相手のi-colorから理解できることもたくさんあります。

と同時に、自分に立ち還ってほしいと思います。

 

 

あなたは、自分のことを理解していますか?

何が好きで何が嫌いで、どんな時に心地よいと感じて、どんな時に悲しくなるか、わかっていますか?

 

 

周りを気にして人を優先しすぎると、自分の素直な欲求や感情がわからなくなることがあります。

人を見すぎている時、あなた自身へのまなざしがおろそかになっているのかもしれません。

 

 

i-color診断には自分を深く理解するヒントがたくさんつまっています。

あなたの喜ぶポイント、得意なこと、モチベーションの上がること、自然な姿が書かれています。

 

 

自分を見つめ直し、自分を心地よくすることから始めてみませんか?

自分の持って生まれた素質に目を向けて、自分の好きなことを知り、自分を楽しませる方に目を向けませんか?

 

相手を見すぎるよりずっと効果があります。

 

 

あなたが自分に目を向けて自分を大事にしていく内に、あなたに嫌なことを言ってくる上司がいなくなったり、子どもの問題(だと思っていた)行動がぴたっとおさまったり、不思議な現象が起こることがあります。

相手を変えようと頑張るより、自分が変わった方がうんと早い(相手を変えるために自分を変えようと思うのは本末転倒)

 

 

”自分が変わると目の前の現実が変わる”

問題が問題でなくなる瞬間を私も体験しています。

 

これは、周りの人が気にならないくらい素晴らしい人になるとか、すごい変化をとげるとかではなく、自分を喜ばせて大事にした結果、今”ある”幸せに目が向くようになり、なんか知らんけど現実が変わった、というようなことです。

 

 

この不思議な現象”なんか知らんけど”が、心屋ではよくあるのです。

 

 

 

今、もし目の前に何とかしたい人がいるとしたら、いったん横に置き、もっと自分に手も時間もかけてみませんか?

 

好きなことがわからない・ワクワクの種ってなんだろう?と思う方に、i-colorが地図のような役割をしてくれると思います^^

 

 

 

陸川美紀
i-colorコーラル(内面)&i-colorピンク(外面):はぴきゃりアカデミー第7期修了/統計心理学i-colorカウンセラー/心屋リセットカウンセリングマスター/新潟市在住/ i-color診断と心屋流カウンセリングで、“日々のくらしをちょっと楽に、もっと楽しく。どんな自分にもOKを出す”お手伝いをしています。   ▼ブログ:身近な暮らしの心理学 ~統計心理学i-color×心屋流~  >>詳しいプロフィールはこちら