img_9961

 

みなさん、こんにちは^^

はぴきゃり7期卒 i-color×心屋流 みっきー@コーラルです。

 

 

突撃☆愛情表現3部作、今回は表現グループ(ゴールド、コーラル、グリーン、オレンジ)です。

★プロローグはコチラ

★発案グループの愛情表現はコチラ

 

 

発案Gが気持ちやプロセスを大事にするのとは対照的に、目標と結果が命の表現Gは質実剛健。

結果を出す為ならどんな努力もいとわない、頑張り屋さんでもあります。

”表現”と名前がつくくらい、自分を表現することに長けています。

表現の仕方は人それぞれですが、言葉にすること、はっきりと伝えること、行動で示すことが得意です。

 

 

自分の満足納得が何より大事で、自分で決めて行動したい表現Gは、放置が愛情表現だったりします

放置=無関心 ←これ、発案Gの捉え方

放置=尊重・信頼 ←これ、表現Gの考え方

 

自分で決めて好きにやれるように、結果が出るまでそっとしておく…

こんなことをされたら「私って信頼されてる・認められてるんだ~」って頑張れてしまう表現Gは、相手にもそうしがちです。

声かけを待ってる発案Gに黙っているのは、表現Gは途中で口出しされるのが何より嫌だからで、よかれと思ってやっているのです。

 

同じ放置でもかたや愛情表現、かたや拗ねの原因になりかねない。

ここ、親子間・夫婦間ですれ違ってしまうポイントかもしれません。

 

 

 

合理的で無駄が嫌い、現実的な部分も併せ持つ表現Gは、言葉で表すといっても、発案Gのように自らこまめに声をかけるという感じではありません。

必要性を感じたらはっきり言う、伝えたい時は言える(頻度は低いかも)、聞かれたら答える、に近いかも。

特に男性!

その分、行動で示していることも多いかもしれません。

 

 

身近な表現Gの人の行動=愛情表現」と思って観察してみてください。

その行動はハグや甘い言葉のようなわかりやすいものではなく、ただ同じ空間にいる、仕事に行きお金を稼いでくる、物をあげる(これはわかりやすい?)というような、一見、え?それって普通じゃない?と思うことに潜んでいることもあります。

 

 

グループが違えば「そんなことが愛情表現なの?」と思われることもあるでしょう。

例えば「大好き」なんて全く言わないけど、”毎日ご飯を作るという行動”が愛情表現だったりします。

何の声もかけない、一緒に何かするわけでもないけれど同じ空間にいる、という”行動が示す結果”愛情だったりするのです。

 

 

好きだから一緒にいる。

この行動、この結果が愛を表している とわかりますか?(伝わりにくいっ)

 

 

そして、同じ空間にいながらもお互いを尊重して別々のことを思い思いにしているのが、楽しかったり幸せだったりする=相手も幸せ、なんて単純に思っていたりします。

何も言ってくれないなんて私のこと関心がないのね、と感じる発案Gもいるかもしれませんね^^;

 

あと、表情に出にくいので楽しんでいるのかどうかわからないかもしれませんが「そこにいるという行動(結果)=嫌でない、楽しい、好き」だったりします。

わからない時はずばり聞いてみることをおすすめします。

「楽しいよ♪」と表情変えずに返ってくるかもしれませんが、その言葉に嘘はありません。

単純に一人の時間も大事なGですしね。

 

 

四六時中一緒いなくても、他のことに没頭していても、あなたへの気持ちは変わらない、

それはそれ、これはこれ、まさに人は人、自分は自分でマイペースに生きている表現Gなのです。

 

 

具体化するのが得意なので、目に見える形にすることも愛情表現です。

お金やプレゼントなど物質的な表現もそう。

一緒に買いに行く・事前に欲しいものを聞く、というのは、ロマンチックな一面より、本当に相手に欲しいものをあげて喜ばせたいという率直な思いがあります。

何せ、自分の考えを持っている表現Gは自分で決めることが何より好きなので、相手もそうだろうと思って、欲しいものを聞いたりするのです。だから、表現Gへのプレゼントに悩んだらストレートに聞いてしまうのも手です。

 

 

表現Gは現実的なので、愛を語っていても暮らしのためにお金は必要、という意識はあります。

生活が成り立つための稼ぎが必要、ならば私がなんとかしましょう、という力もあります。

働くことが好きな人も多いと思いますが、働くことで家族を支えているという男性諸氏は、女性からしたらわかりにくい、不器用な愛情表現かもしません。

だけど、最大限の力を使って外で働いてお金を稼いで日々一緒に過ごす時間空間を提供し続けることは、具体的で行動に即した彼ららしい愛情表現だとも感じます。

 

 

表現Gの男性は寡黙と言われています。特に釣った魚に餌をやらなそうなグループかも。

私の知っている表現男性には、めっちゃしゃべり倒すコーラル、寡黙なオレンジ、物静かで冷静なグリーン、個性的でユニークなゴールドなど様々いますが、男性と女性ではまた違うのかな、と思います。

また、現実的なので、あま~い言葉をささやき合う関係というよりは、役割をきっかり果たすことで愛情表現をしている、なんて男性もいるかもしれません。

 

 

が、女性はやっぱり愛を感じて生きていたい♡ それだけじゃ満たされませんから~!

 

 

察することが苦手なGなんだから、率直に声に出しましょうよ(地雷を踏むこともあるが)

お互いの違いを踏まえた上で、コミュニケーションしましょうよ。

 

 

 

書いている内に表現G男性に喝を入れたくなってしまいましたが…

 

ちなみに私、過去にi-colorオレンジ男性3人とお付き合いしたことがあります…喧嘩になった時のだんまりに毎回ブチ切れていました。

コーラルはお互い本音を言うことで道が開けると思ってる節があり(それがファイティングモードで怖いらしい)、「言ってくれなきゃわからないよ!」って追い詰めてましたね^^;

 

頑固な表現G同士がぶつかるとかなりハードな展開になると思われます…

そんなオチ(どんなオチ)

 

陸川美紀
i-color×心屋流カウンセラー
はぴきゃりアカデミー 新潟校主宰
はぴきゃりアカデミー第7期修了/i-colorコーラル。新潟市在住。 i-color診断と心屋流カウンセリングで、“日々のくらしをちょっと楽に、もっと楽しく。どんな自分にもOKを出す”お手伝いをしている。
 >>ブログ『身近な暮らしの心理学 ~統計心理学i-color×心屋流~』
>>詳しいプロフィールはこちら