gf01a201502221000

 

みなさん、ごきげんよう^^

時々、娘に「きつい」「ひどい」と言われてしまうi-colorコーラル みっきーです。

 

i-colorコーラル、裏表なくその瞬間を生きているため、嘘でもいいから合わせるとか、共感したフリとか、たぶんできないんです。調子のいいことを言う時はありますが^^;

 

無邪気な子供みたいな部分があるので、思ってない事は言えないし、思った事はそのまんますぐ言ってしまいがちです。

 

なんせ、同じ表現Gのオレンジ娘にも「ママってさ、きつい言い方するよね」と言われてしまうくらい。

言葉も選ばずはっきり言うと、オレンジ娘にぐさっと刺さることがあるようです。

 

さらに、表現Gあるあるで、表情があまり変わらない、というのがあります。

外では外面ピンクでにこやかに仕事をしても、うちでは素の内面コーラルな私、かなり無表情なようです。

 

 

例えばこんな感じに…

 

【エピソード1】

私「絵の具の筆、濡れたまましまったら“くっさく”なるよ、くっさく!」

娘「そんな言い方しなくてもいいじゃん」

私「え?」←何がいけないのかわからない

聞けば、この“くっさく”がグサッときたらしいです。

娘は何もそんな言い方で強調しなくても…と思ったそう。

私はただ事実を述べたつもりという、この感じ方のギャップが恐ろしい^^;

 

 

【エピソード2】

私:テレビを見て笑う

娘「ママが笑うなんて珍しい!」

私「そう?」←いつも普通に楽しんでいるけどなぁ

娘「うん!!」

楽しんでいる時も表情が変わらないようで、「ママが笑ってくれると嬉しい」と言われる始末。

どれだけ私は笑ってないのか…子どものことはめっちゃ愛してるんですがね^^;

 

 

【エピソード3】

私:普通に授業参観

娘の友達(ゴールド):「〇〇のママ、怒ってなかった?〇〇の発表の時、怖い顔してたよ」

娘:いつものことだと思い「たぶん、怒ってないと思う」と返したとのこと(正解!)

他の子にもそんな風に見えるのか、怖くないよ、あれが私のデフォルトだよ(私の心の中)

 

 

【エピソード4】

某ハンバーガーショップでキッズ向けセット購入、ポテトとバーガーをキャラクターのプリントされたBOXに入れられました。

私「ゴミが増える」←超現実的

娘「ひどい。お店の人は喜んでもらおうと思って入れてくれてるのに」

私的には、娘がそのキャラクターを別に好きではないだろうと思った&そういうものに喜ぶ年齢ではないだろうと考慮した上で言ったのだが、ひどいらしい^^;

だって、家に帰って食べたら捨てるだけでしょ?という素朴な心の声はそれ以上言いませんでしたが…

相手の意図を組めるいい子に育ってくれていて母は嬉しいよ。

 

 

同じ表現G同士で比較的理解しやすいとはいえ、すべてが一致するわけではありません。

同じマイペースといっても、短期集中のコーラルと長期戦の構えのオレンジでは言動も変わってきます。

 

希望優先とリスク優先の違いを感じることもあります。

 

先日、希望優先とリスク優先のお話をしましたが、コーラルは根っからの希望優先なため、

自分の思い付きだけでふらっと動いてしまいます。

 

その行動に突拍子のなさを感じる方も多いかも?

我が家のオレンジ娘はリスク優先のため、私の行動に驚き心配したりするようです。

 

 

ある夜、夕食の材料が足りず、家族に何も言わず買い物に出かけました。

すぐそこのスーパーだからいいだろう、と軽い気持ちで

スマホも持たず自転車で出かけて帰宅したところ、

娘「家中探したんだよ!電話もかけたんだよ!いなくなったかと思ったじゃん」とえらく心配されました。

同じ希望優先の夫はそこまででもなかったものの、リスク優先の娘は、私の身に万が一のことがあったら…と、とても心配になったようです。

この温度差!

 

 

また別の日、娘が「昨日3時に目が覚めたの。喉乾いて下におりようかと思ったけど、もしパパかママが目を覚まして、私がいないってことになったらって思ってやめたの」と言ってきたので、驚きました。

私の心の中:ちょっといなくても気にしないよ。トイレかなって思うし。ていうかたぶんそんなちょっとの間に起きたりしないよ。

ほんの少しの“もし”“万が一”で、自分の喉の渇きを我慢するなんて、すごいね、リスク優先ってこういうことなんだ~と感心してしまったのでした。

 

 

携帯も持たず、家族にも言わずに外に買い物に行ってしまうような私(希望優先)だから、出先で何かあるなんて思いもしないんです。

そこを娘は何かあった時のために、と思って行動するわけだから、私の行動が考えなしで心配になる気持ちもわかる…ごめんね^^;

 

 

 

身近な人間関係で、違いを感じることはありますか?

あなたの理解しがたいあの人は、いったい何グループ、何優先でしょうね?

違いに×をしないで、面白がってみると楽になれるかもしれません。

 

i-colorコーラルへのエール♡補足ブログは>>>コチラ

 

陸川美紀
i-color×心屋流カウンセラー
はぴきゃりアカデミー 新潟校主宰
はぴきゃりアカデミー第7期修了/i-colorコーラル。新潟市在住。 i-color診断と心屋流カウンセリングで、“日々のくらしをちょっと楽に、もっと楽しく。どんな自分にもOKを出す”お手伝いをしている。
 >>ブログ『身近な暮らしの心理学 ~統計心理学i-color×心屋流~』
>>詳しいプロフィールはこちら