DSC07784

 

みなさん、はじめまして^^

はぴきゃり7期生・ 心屋リセットカウンセリングマスターのみっきーです。

心屋リセットカウンセリングとi-colorを使って、“日々の暮らしをちょっと楽に、もっと楽しく”をモットーに、どんな自分にもOKを出すお手伝いをしています。

 

私のi-colorはコーラル。楽しいことが大好きでマイペース、物事の明るい面を見て突き進みます。

自分で目標を立て、短期集中で必ず結果を出すのが得意なcolorです。

そんな私のi-colorとの出合いを自己紹介をかねてお伝えしていきます。

 

2013年の夏、『ハッピーキャリアの作り方』(はぴきゃり代表 金澤悦子著)を読んだことがきっかけでi-colorに出合いました。

当時の私は小売業の接客販売から支社長秘書に異動となり、“自分で仕事をしている実感がない“ことに悩んでいました。

秘書は自分で何かするというより、トップを支え日々滞りなく終わることが目的です。売上に直結する数字もなく、やりがいを感じられなくなった私。

このままでいいのかな…、私って何が向いているんだろう?そんな気持ちで、はぴきゃりの門をたたきました。

 

現実的でギブ&テイクも得意なi-colorコーラルは目標が明確で自分の動きが結果に即反映される、営業や販売に向いているとも言われます。

私の周りにもその素質を活かしてお客様に喜ばれているi-colorコーラルがたくさんいます。

住宅営業、ファイナンシャルプランナー、美容師、百貨店勤務、プロコーチなど、ダイレクトにお客様に「ありがとう」と言われ、結果が数字となって目に見えることで満たされる。

短期スパンで「目標設定~行動~結果~達成感」を味わえる働き方にコーラルらしさが表れています。

 

持ち味が活かされる現場から離れ、やりがいを失いつつも、秘書としての私は評価されていました。

トップと社内外の人をつなぐのも秘書の役目です。他の役職の方にいざという時動いてもらえるよう根回しもぬかりなく、組織の中がうまく回るように潤滑油的に動く。目を配り、声をかけ、各部署とのコミュニケーションも積極的にとるようにしていました。

この仕事の仕方には、私のもう一つのi-colorピンクが大きく影響していることをはぴきゃりで知りました。

 

みなさんが診断で知ったi-colorは「内面」で、実はもう一つ「外面」のi-colorが存在するのです。

 

◇i-color (内面)70%を占める素質◇

 もっとも自分らしい素質のこと。プライベートなどリラックスした時に表れる本音の自分。

 

◆i-color (外面)30%を占める素質◆

 初対面の相手や仕事の場面で「人に見られたい姿」として表れやすい素質。

 

私の2つのcolorは、i-colorコーラル(内面)と、i-colorピンク(外面)です。

i-colorピンクは、人との信頼関係・プロセスを重んじ、世の為人の為に頑張れるcolorです。責任感が強く、本質を見抜く目があり、人を育てるのにも向いています。

 

i-colorコーラル(内面)の比率が高い私は、秘書の仕事にやりがいを感じられないながらも、i-colorピンク(外面)の責任感や、人と人とをつなぐ素質を自然と使って仕事に活かしていました。ただ、秘書の仕事を比率の低い外面のみでなんとかしようとしていたため、自分の中で矛盾を感じていたのです。

 

はぴきゃりで内面と外面のcolorについて学ぶことで、感じていた矛盾にも説明がつき、自分の素質を理解することができました。これまでの私は、i-colorピンク(外面)として仕事をしがちで、自身の本質から離れていたためやりがいを感じられなかったのだと納得しました。自分自身の持つ素質を知った上で、比率の多い、i-colorコーラル(内面)を満たすことが大事なのだと腑に落ちました。

 

“自分の学びや経験を私なりの表現で伝え、結果として人の役に立つ”という私のスタンスは、

はぴきゃりで生まれました。

はぴきゃり修了後、心屋塾でカウンセリングを学び、対面・スカイプで個人セッションを行っています。

カウンセリングを重ねていく内に、自分自身の素質(i-color)によって、価値観、考え方の癖、陥りやすいお悩みにも傾向があることに気づきました。

i-color×心屋で、身近な暮らしに活かせる心理学をお伝えしていきます。

 

陸川美紀
i-color×心屋流カウンセラー
はぴきゃりアカデミー 新潟校主宰
はぴきゃりアカデミー第7期修了/i-colorコーラル。新潟市在住。 i-color診断と心屋流カウンセリングで、“日々のくらしをちょっと楽に、もっと楽しく。どんな自分にもOKを出す”お手伝いをしている。
 >>ブログ『身近な暮らしの心理学 ~統計心理学i-color×心屋流~』
>>詳しいプロフィールはこちら