ラベンダー

こんにちは!ワーク・ライフバランスコンサルタントの小山佐知子です。

 

今年の日本列島、まだまだ猛暑が続いていますね。

暑さで寝苦しいのはもちろん、連日熱戦が繰り広げられているオリンピックに夢中になるあまり寝不足な方も少なくないのではないでしょうか??

 

中学時代はバスケットボール部に所属していた私。オリンピックで注目しているのはもちろん「AKATSUKI FIVE(アカツキ ファイブ)」こと、女子バスケチームです。

 

“日の出の勢い”のキャッチコピーの通り、とにかく攻める!カッコイイ!!先日のグループリーグ最終戦では世界4位の強豪フランスに勝利し、次はいよいよ準々決勝。ますます目が離せません!

 

皆さんは、どの競技、選手を応援していますか?

どんな風にオリンピックを楽しんでいますか?

 

今年の夏は帰省先や旅先で家族や友人と一緒に盛り上がった方も多いのではないでしょうか。

私も、帰省先の北海道から家族と一緒にエールを送ってきましたよ。

 

日本はお盆休みももうすぐ終わり、Uターンラッシュがピークを迎えようとしていますね。お休みモードの頭と体を徐々に切り替えて夏後半戦も楽しく過ごしていけたらと思います。

 

ということで、ここからが本題です!

 

みなさんは帰省や旅行の際、どんなお土産をチョイスしていますか?

 

「会社に配る用はとにかく安くてたくさん入っているお菓子に限る!」

なんてお返事も聞こえてきますが。(←我が夫、そう言いながら空港で買い物してました)

 

自分の強みや価値観を知る素質診断ツール「統計心理学i-color」。

12タイプの特徴、原理原則は、おみやげ選び一つにとっても、しっかりと傾向性が現れているようです。

 

せっかくなので、新千歳空港で人気の北海道土産を紹介しつつ、どのタイプの人がどんなお土産を選ぶ傾向にあるのかを解説していきますね!

 

i-color12タイプのキャッチフレーズはこちらで確認いただくとして…

価値観が近い3つのグループ別に「お土産選びの特徴」を解説していきましょう。

 

 

まずは発案グループ(i-colorピンク、オリーブ、イエロー、バイオレット)。

世のため人のために、新しい価値を生み出すのが好きなグループです。

 

お土産には、「自分が食べて(使って)よかったもの」をチョイスする傾向があるようです。

その心は、想いを共有したいから。人が喜ぶ顔を見るのが大好きな発案Gは、旅行のお土産一つで和気藹々とトークに花を咲かせることができる傾向が。「このお菓子は老舗の○○で修行した職人さんが独立後3年かけて開発したらしくてね…」などと、そのお菓子の背景まで語ってしまうほど。これもストーリーや想い、理念を大切にする発案Gならではです。

 

発案Gが選ぶおすすめ北海道土産はこちら!

 

 

石屋製菓 「美冬」

 

115_P_1429408565603

 

石屋製菓と言えば「白い恋人」でおなじみの北海道を代表する老舗菓子メーカー。不動のNO1「白い恋人」もいいけれど、i-colorイエロー(発案G)の私はこっちを推しちゃうのです。だって、上品な味でとても美味しいんですもの。それに、複雑な工程で作られる芸術的なミルフィーユの姿は、この味になるまでに相当な苦労があったそう。“チョコレートの石屋”の本気を感じる一品。12個入り1,522円と、「白い恋人」よりも値が張りますが、どうせなら本当にオススメしたいものを食べてほしい!そんな気持ちでついついこちらを買ってしまう私なのです。 

 

ちなみに、お菓子以外のアイテムとしてはこちらもオススメ。

 

 

ファーム冨田「ラベンダーバスパウダー」

 item2

 

 10袋入り970円なので、仲良しの友だちなど少数へのお土産にちょうどいいですね。私の友人(i-colorオリーブ)は、北海道旅行の際は必ずこちらを買って帰るそう。

 

「食べ物じゃないので賞味期限を気にしなくていいし、入浴剤をもらって嬉しくない人はいないでしょ?」というご意見はさすが相手目線で行動できる発案G!

 

ちなみに、私もこの入浴剤をかれこれ15年ほど愛用していますが、ほどよいミルキー感が癒し効果抜群で、一生手放せないアイテムです♪

 

 

さて、続いては表現グループ(i-colorゴールド、コーラル、グリーン、オレンジ)です。

自分の力で何かをカタチにする、結果を出すのが好きなグループです。

 

お土産には、「コスパがいいもの」をチョイスする傾向があります。“お得なもの”に目がない表現Gですが、だからといって「安かろう悪かろう」はちょっとイヤ…。表現Gにとって会社のお土産は「バラマキ、されどバラマキ」なのです。チョイスの中に自分なりのオリジナリティをしっかりと付加しているあたり、i-colorグリーンの我が夫はさすがだな、と思って見ておりました。ちなみに彼が選んだ職場へのお土産は以下…

 

 

六花亭「マルセイキャラメル」

 

41HeqOD4elL

 

六花亭も、言わずもがな北海道を代表する菓子メーカー。「マルセイバターサンド」は道民も大好きな定番お菓子ですが、表現Gの夫が選んだのはバターサンドではなくキャラメル…。

 

私が「なんでキャラメル?」と聞くと一言、「こっちのほうが安くてお得で、でもちゃんとマルセイだから」。

なるほど、高い割に定番過ぎて印象にも残らないものよりも、定番商品の変わり種でなおかつ値段も手頃な方が1度で2度おいしいと!考え、そこにメリットを感じるようです。これも個性的な表現Gのこだわりのひとつですね。

 

ちなみにこちらのキャラメル、会社の女性陣に大好評だったそうで、帰宅した夫「コレどこで売ってるんですか?とか、さすがですねー!ってもう大ウケだったよ〜」と得意げに話してくれました(笑)

 

 

 

最後は展開グループ(i-colorターコイズ、レッド、ブルー、ロイヤルブルー)です。

可能性を追求する、世の中に広める、多角化していくのが好きなグループです。

 

このグループのプレゼントやお土産購入のキーワードはズバリ「間違いないもの」です。

いろんなお土産があって迷わないの?なんていうのは愚問!迷わず王道、定番品を手に取る傾向があります。

 

 

石屋製菓「白い恋人」

 

isiya007-pack

 

確かに、こちらは間違い一品ですね。i-colorレッドの友人に聞いてみると面白い答えが返ってきました。

「お土産なのに最初から包装されているから好き」。

 

発案Gの私からするとこの着眼点はは目からウロコでした。確かに「白い恋人」は上質な包装紙で巻かれているのです。目上の人に差し出しても失礼がないですし、これも「安心」というキーワードを持つ展開Gらしい選択基準です。

 

その他にもこんなお土産を挙げる人も。

 

 

JAびえい「美瑛コーンぱん」

 

28850423

i-colorターコイズの友人は、「VIRON(ヴィロン)とコラボしたコーンぱん、最高!!」と語ります。日本一美味しいと言われるバゲットで有名な渋谷のベーカリーVIRONとコラボしたこちらのパンは、彼女にとって忘れられない味なんだとか。普段はごはん党の彼女がパンを挙げるなんて…とちょっぴり驚きでしたが、「日本一」や「コーンといえば美瑛」の絶対感に惹かれて購入したのでしょうか?私ももちろん食べたことありますが、コーンパンの常識を覆すボリュームとしっとり感でそれはそれは美味でした!日持ちしないので家族や自分へのお土産向きです。

 

 

いかがでしたか?

 

日常のちょっとした行動や選択の中から「自分らしさとは?」について考えてみるのも面白いものです。

 

あなたのお土産選びの基準は何ですか?

 

○○に行ったらコレ!というお土産情報もぜひぜひ教えてほしいものです。

ご自身のi-colorが知りたい方はぜひこちらからお気軽に診断(無料)してみてくださいね。

 

 

<セミナーのご案内>

保育園なしで働く母さんに学ぶ、子育ても仕事も収入も“あきらめない”生き方・働き方

8月27日(土)13:30〜、さいたま新都市にて、“保育園なしで働く母さん”こと井上ゆきさんをゲストに、自分らしいワーク・ライフバランスを実現するヒントを探る座談会を開催します!

興味のある方ぜひぜひお越しいただけると嬉しいです。

小山佐知子
ライフキャリア・シナジーLab代表
はぴきゃりアカデミー ライフキャリア・デザイン校主宰
はぴきゃりアカデミー第2期修了/i-colorイエロー。大手人材広告会社で最年少管理職(営業職)として働いていた20代後半に不妊治療を経験。働きながら妊活する辛さを綴ったブログ『妊きゃりプロジェクト』はいつか産みたい女性との交流の場に成長。2014年、第一子を出産。2016年6月起業。
>>ライフキャリア・シナジーLab