pexels-photo-66354

 

 

はじめまして!

『ライフキャリア・シナジーラボ』代表(i-colorイエロー)の小山佐知子です。

 

私は、ライフキャリア(*)の専門家として、“ライフイベント” に左右されがちな女性の働き方を自分らしく実現させるお手伝いをしています。

(*) 職業という意味のみにとどまらず、私たちの「人生」や「生き方」そのものもと捉えた概念

 

i-color-TIMESでは、私が出会った働く女性たちの等身大のお悩み事例を取り上げながら、30代からのキャリア開発や共働き世帯のパートナーシップなどについて綴っていきますので、末永くよろしくお願いします!

 

 

■“ライフイベント繁忙期” はモンモン期!

 

さて。

 

働く女性のみなさんの中には “キャリアを積みたいモード” のときに限って物事が思い通りにいかなくて焦った!という経験がある方、少なくないのではないでしょうか? 私たちの人生、本当に一寸先は闇ですよね。20代後半あたりからライフイベントの繁忙期が押し寄せて、結婚、出産はもちろん、同時に親の介護に直面することになったり、1年1年が本当にめまぐるしく変化します。

ちなみに、最近私の周りでは、育休から復帰して仕事モードに切り替わった矢先に夫が転勤!なんて事例をちらほら聞きます。(我が家も他人事ではございません…汗)

 

「こんなんじゃ将来設計しようがない!」

「選択ばかりでなんだか疑心暗鬼になってしまう…」

なんて思い悩む友人たちの話に、私はどれだけ共感し、首がもげるほどうなずいたことか!!

 

実は、私もライフイベントで働き方や生き方そのものを大きく考えさせられた一人です。

 

自己紹介がてら少しお話しますと、私は29歳で突如、不妊治療を経験することになりました。これが最初のハードルだったのですが、でも、今思うと、この経験こそがその後の人生を考える大きな転機でした(この辺りはまた今度お話しますね)。4年に渡ってハードな治療をしながら仕事を両立し、無事に子どもを授かり出産することができましたが、治療中は働き方を変えてなんとか仕事ができる状態でしたし、不妊治療独特の「出口のないトンネル」を歩いている状態のときには、心身がとても疲弊しました。産後も、制約が多く不規則な生活の中では自分の時間も限られていて、突如大きな不安に襲われたこともありました。

 

 

■働く女性のモヤモヤ共通点

 

思うように身動きが取れない状態の時、私たちは一体何に焦ってしまうのか…? 以前、数人にインタビューしたことがあります。すると、興味深いことに、全員から同じような答えが返ってきたのです。

「キャリアダウンが怖い…」のだと。

 

変化の激しい時代。

育休で1年会社を休んで戻ってみれば「浦島太郎になったみたい」と辺りをキョロキョロ…。2人目を産んだらもう会社に戻ってこれない気がする…。不妊治療で会社を辞めてしまったら年齢的に正社員での再就職はもう厳しいだろう…。

 

真面目な女性たちは、一様に「走り続けていないと取り残されてしまいそう」という漠然とした不安と闘っていて、それがキャリアダウンへの恐怖につながっているのでは、と推測します。

そんな声に、私は最近こうアドバイスしています。

 

「前に進みたい気持ちがある限り大丈夫。動けないときこそ自信をもって足踏みすればいい」と。

 

具体的な足踏みの方法は次の記事でお伝えしようと思いますが、いずれにしてもライフイベントはキャリアダウンのきっかけではなく、「新しいキャリアをつくる転換期」だと捉えて、ポジティブに一時停止(ポーズ)ボタンを押してみてほしいのです。歩くスピードを少しゆるめてその場で足踏みするだけですから、キャリアダウンではなく『キャリアポーズ』くらいに軽く捉えてみるとラクだと思うのですが、いかがでしょうか?歩きながら内省することを、ぜひオススメします!

 

 

■人間にも「冬眠」したほうがいい季節がある!?

 

ところで、i-color診断では、その人の生まれ持った素質以外にも、人生の運気の波(バイオリズム)をみることができます(これをタイムサイクルといいます)。タイムサイクルは10年で1回転し、自然界の春夏秋冬のように私たちの人生を彩ります。

 

タイムサイクルを知ると、動物が来るべき春に向けて冬眠し力を蓄えておくように、人間にも気力と体力を充電、温存しておくのに適した時間が必要なことがよく分かります。

 

「果報は寝て待て」ということわざがありますよね。

「やることをやってしまったらクヨクヨしたり無駄に動いたりしないで焦らずに時機を待て」という意と同じく、私たちもまた、夏の間にたくさん動いて結果を残したら、冬は来シーズンに向けてしっかり自分をメンテナンスしておくのが得策です。

タイムサイクルが夏の時は、活動するほど結果もついてくるためスピード重視でOKですが、逆に冬の間はしっかりと充電するのが好ましいため、キャリアポーズを取り入れながら穏やかに過ごしましょう。

 

とはいえ、人は思うように動けない時ほどジレンマを感じやすく、ジタバタして転職を試みたりする傾向が強いのも事実。でも、それだと空回りしやすく無駄に落ち込むことにもなりかねません。

 

冬眠が必要な時こそ、思い切って行動をセーブし、じっくり内省してみましょう。

「次の10年はどんなことをやろうかな?」とたくさん妄想しワクワクすることが吉!

心にたっぷり栄養を与えてあげましょう。

 

i-colorタイムサイクルは、自分の人生フェーズを客観的に教えてくれる羅針盤。私も日々の暮らしにうまく取り入れています。ご自身のi-colorやタイムサイクルが知りたい方は、私のパーソナルセッションでもご案内できますのでぜひお問い合わせくださいね。

 

長い長い私たちのライフキャリア。

短期的にバランスを欠いたり立ち止まることがあっても、長期的にみて充実した人生になるよう、メリハリを大事にしていきたいものですね!

小山佐知子
ライフキャリア・シナジーLab代表
はぴきゃりアカデミー ライフキャリア・デザイン校主宰
はぴきゃりアカデミー第2期修了/i-colorイエロー。大手人材広告会社で最年少管理職(営業職)として働いていた20代後半に不妊治療を経験。働きながら妊活する辛さを綴ったブログ『妊きゃりプロジェクト』はいつか産みたい女性との交流の場に成長。2014年、第一子を出産。2016年6月起業。
>>ライフキャリア・シナジーLab
>>詳しいプロフィールはこちら