こんにちは。はぴきゃりアカデミー代表、

統計心理学i-colorエグゼクティブトレーナーの

カナザワ@i-colorオリーブです。

 

 

以前、本田直之さんが

 

「人から勧められた本は読む」

 

と言っていたのをマネし始め、気づけば10年。

今ではすっかりマイルールとなりました。

 

 

自分では選ばなかっただろう本との出会いは

偏りがちな思考回路をぶち壊すのにうってつけ。

 

 

と、書いていて思い出したのは、

本田直之さんはi-colorグリーン

 

 

i-colorグリーンの特徴に

「バランス感覚」という質があり、

そんな”偏りたくない”i-colorグリーンの方には

肩書きを一言で言えない方が少なくありません。

 

 

芸能界で言えば、

タモリさんや明石家さんまさん、福山雅治さん。

彼らがi-colorグリーンの代表選手と言えば

なんとなくつかんでいただけるかと。

(一言で”芸能人”といえば済む、という声は聞かなかったことにしますw)

 

 

冒頭の本田さんも、

肩書きがありすぎたので割愛しましたよ笑

 

 

偏りたくない本田さんにとって、

”人から勧められた本を読む”

は必然的なことなのでしょうね。

 

 

おっと!すぐに素質分析をしてしまう癖が出てしまいました。

(あ〜楽しい)

 

 

さて、本題です。

最近読んだ本はこれ。

 

 

世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」 (光文社新書)

 

 

この本によれば、経営において

「アート」「サイエンス」「クラフト」の

健全なバランスが重要なのだそう。

 

 

アートとはビジョンであり、直感や感性。

サイエンスとは数字的な裏付け、論理。

クラフトとは経験や知識を元にした実行力。

 

 

しかし、現在の日本では

サイエンスとクラフトが重視され、

アートが置き去りになっているケースが多い。

 

 

それは、アートの「なんとなくいい!」

は数値化できないため、

アート VS サイエンス&クラフトでは

アートが負けてしまうからである。

(会社員時代を思い出しますね)

 

 

ちなみに、経営がサイエンスとクラフトに偏ると

どうなるかというと、

 

 

■経営スピードが遅くなる■

 

→現在は「VUCA」の時代。

 Volatility=不安定

 Uncertainty=不確実

 Complexity=複雑

 Ambiguity=曖昧

よって、論理や経験だけでは

いつまでたっても

シロクロつけることができないから。

 

 

■差別化しにくくなる■

 

→データ分析や経験だけで導きだされた答えは

似たようなものになりがちだから。

 

 

■よって競争が激しくなる■

 

→サイエンスとクラフトで帰着する世界は

競争の激しいレッドオーシャン!

 

 

■すると会社も人も疲弊する■

 

→レッドオーシャンでの戦いは

スピードとコストが重要視される。

すると、企業もそこで働く人もボロボロになる。

 

 

■最終的にコンプライアンス違反が起こりやすくなる■

 

→アート的判断軸(美意識やモラル)がないと、

とりあえず辛い今をやり過ごすために

様々な違反が起こりやすくなる。

(データ改ざんとか粉飾決算とか)

 

また、システムの変化が早い時代にあって、

法律の整備が追いついていない状況では

アートに基づく判断軸が必須である。

(ネットベンチャーが起こす社会問題など)

 

 

翻って、アートとは思いであり、ストーリーである。

例えばアップル社を例に取れば、

機能やデザインはいくらでも模倣できるが、

 

「MacBookを使っているオレ」

「iPadを使っているワタシ」

 

という気分や世界観をマネすることはできない。

 

 

つまり、アートは絶対的強みになる

 

 

とまあ、かなり乱暴にまとめましたが・・・

 

 

これ、経営だけでなく

キャリア形成にも当てはまるなと思いました。

 

 

次のステップを考える時、

アート(ビジョン、使命)よりも

クラフト(経験、知識)と

サイエンス(市場分析・評価)

に引っ張られる人が多い。

 

 

だってサイエンスとクラフトは説明できる。

説明できると安心できますから。

 

 

問題は、サイエンス&クラフト重視の転職では、

またモヤモヤしだす人が多い、ということです。

 

 

「できること」や「知ってること」

「流行」や「マーケット」などで選ぶと結局、

「これってやりたいことだったんだっけ?」

となりがちなのです。

 

 

また、興味があることに

なぜか一歩を踏み出せない。

 

 

これもまた、

自分の中にあるアートが

明確になっていないことが

原因だと言えましょう。

 

 

なるほど、

はぴきゃりアカデミーがやっているのは

一人一人の「アート」を

形にしていることなんだと、

この本が教えてくれました。

 

 

この本の中で特にカナザワが

グッときた一節はこちら。

 

“「会社」を作品と考えてみる”

 

 

これをハッピーキャリア的に言うなら

 

“人生を「作品」と考えてみる”

 

でしょうか。

 

 

そう自分に問いかけると、

何となく感じるものがありませんか?

 

 

それそれ!

あなたが今、何かうっすら感じているもの、

それがあなたの中のアートを知る

手がかりになるはず。

 

 

本書ではこのコラムのアイコンにしている

カラバッジオの「聖マタイの召命」を使ったワークなど、

美意識の磨き方も紹介されていますよ。

 

 

芸術の秋。

共に美意識を活性化していきましょう!

 

金沢 悦子
はぴきゃりアカデミー代表
統計心理学i-colorエグゼクティブトレーナー/i-colorオリーブ。
40歳で第一子を出産。休みの日は趣味のサンバを楽しむ。日経ウーマノミクス・プロジェクト・サポーター。著書に『ハッピーキャリアのつくりかた』(ダイヤモンド社)、『人見知りでも「人脈が広がる」ささやかな習慣』(実務教育出版)、『働くママの仕事術』(かんき出版)ほか。
>>詳しいプロフィールはこちら