こんにちは!

はぴきゃりアカデミー代表の金沢悦子@i-colorオリーブです。

 

 

私、49歳にして歯列矯正を始めました。

 

小学生の時にも矯正してたんですが、

無計画に虫歯治療などをしているうちに、

かみ合わせが悪くなっていたらしい。

 

夜中のかみしめも相まって、

奥歯が次々に割れてきてしまったんです(涙)

 

 

人生100年時代(って、生きる気満々ですがw)、

 

まだまだ歯には頑張ってもらわなきゃな〜、ということで、

かみ合わせを治すことにしました。

 

 

先週、月に一度のメンテナンスに行ったときのこと。

 

 

矯正の先生「なんだかんだ言って動いたね〜」

 

「なんだかんだ??」

 

矯正の先生「いや〜この子(歯)が、まだ動かすわけ?って言ってたからね」

 

 

すると、側にいた主治医も会話に参戦。

 

主治医「それ、わかる〜!親不知抜くときなんか、

顔(親不知)見たらスルッと行くか、手こずるかわかりますよね」

 

 

この会話を聞いていて、

 

「この人たち天職に就いたんだな〜」って感動しましたよ。

 

だって「歯の声」が聞こえるんですよ!笑

すごいことですよね。

 

 

ふと、営業時代の元部下の話を思い出しました。

 

彼女曰く、営業時代はいつも

何をしたらいいかがわからず、

ビクビクしていたそうです。

 

交通事故を転機に、

「本当にやりたいことをやろう!」と、

アルバイトで飲食業界へと飛び込みました。

 

その初日でのこと。

 

フロアに立った瞬間、

「あ!わかる!!」と思ったそうです。

 

まるで後ろにも目がついているような感覚で、

 

(あのお客様、飲み物がなくなりそう)

(あのお客様そろそろお会計かな)

 

フロア中のお客様の様子が

手に取るようにわかったそう。

 

(彼女は今、ソムリエとして活躍していますよ)

 

==

 

先日訪れた京都でも

「声が聞こえる人たち」にたくさん会いました。

 

美味しいお茶を買いたいな〜と思い、

はぴきゃりアカデミー修了生で

宇治在住のi-colorゴールドちゃんに聞くと、

それはそれはディープな宇治情報を送ってくれまして^^

(さすがこだわりのi-colorゴールド!)

 

 

たとえば、「宇治茶道場 匠の館」。

宇治茶本来の魅力を知ってもらうために、

日本茶インストラクターさんが各テーブルについてくださり、

お茶の種類によってお湯の温度や蒸らし方などを

とても丁寧にレクチャーしてくださいます。

 

私たちのテーブルを担当してくださったのは、

日本茶インストラクターの中西さん。

 

 

きっと何百回(何千回?)も同じお話をされているはずなのに本当に楽しそうなんです。

 

「ほらほら、葉っぱがふくらんできましたよね。

そろそろいただきましょうか」

 

玉露というお茶をいただいたのですが、

生まれて初めて、

お出汁のような旨味を感じて驚きました。

 

葉っぱの声が聞こえる中西さんに惚れましたー。

 

ちなみに「匠の館」、ここでお茶っ葉や茶器は売ってないんです。

 

商売から考えたら、提供しているお茶っ葉売ればいいと思うんですが、

宇治に数あるお茶屋さんで、

自分の好みを探してくださいというスタンスなんです。

 

あくまでも中立にこだわる。

商売っ気が一切ないところにもめっちゃ共感しました。

 

==

 

天職を見つけたいって思っている人は多いです。

 

反面、はぴきゃりアカデミーを運営している中で思うのは、

「やりたいことがわからない」の要因の一つに、

 

 

楽しいことが仕事になるはずない

 

 

という思いこみがあるように思うのです。

 

気になることがあるのに、

それ「以外」で探そうとしている方、

本当に多いんですよ。

 

 

仕事は辛くなくちゃいけない?

楽しいことで稼げるわけない?

 

本当にそうでしょうか?

 

 

はぴきゃりアカデミーの修了生のi-colorオレンジちゃん。

 

今でこそ絵画教室を運営していますが、

はぴきゃりアカデミーを受講した当時、

絵で仕事をするなんて1ミリも考えていませんでした。

 

絵を描くのは好きだけど、

それじゃ仕事にならないと思いこんでいたんです。

 

 

でも、講座を通じて、

描くことがただ好きなのでなく、

そこに鮮烈な体験とともに

テーマがあることに気づきました。

 

 

夫の海外赴任先で駐在妻をしていたとき、

通っていた絵画スクールでのワンシーン。

 

それは、目の見えない人たちが

「絵を描く」ことを楽しんでいるシーンでした。

 

 

そうだ!もっと自由に!

誰だって絵を描くことを楽しんでほしい!

 

 

i-colorオレンジの素質である

 

「形にするのが好き」「プロデュース能力」

 

に、テーマ「型にはまらず自由に絵を楽しんでほしい」

 

を掛け合わせ、

 

「絵をうまく描く」のではなく、

「描きたいものを自由に描く」ための絵画教室。

 

という「恋する仕事」が見えたのです。

 

 

ど真ん中を生き始めるや否や、

子どもたちへの絵画教室のオファーを始め、

 

ほとんど宣伝をしていないのに、

口コミで生徒が続々と集まっていますよ。

 

i-colorオレンジちゃんに手ほどきしてもらったら、絵のセンスがゼロな私にも描けました!魔法!!

 

 

 

将来、子どもたちにイヤイヤ仕事をしてほしいですか?

それとも、

自分が満たされることで自立してほしいですか?

 

 

もし、後者を選んだなら、

まずは大人がその姿を見せていきたいものですね。

 

金沢 悦子
はぴきゃりアカデミー代表
統計心理学i-colorエグゼクティブトレーナー/i-colorオリーブ。
40歳で第一子を出産。休みの日は趣味のサンバを楽しむ。日経ウーマノミクス・プロジェクト・サポーター。著書に『ハッピーキャリアのつくりかた』(ダイヤモンド社)、『人見知りでも「人脈が広がる」ささやかな習慣』(実務教育出版)、『働くママの仕事術』(かんき出版)ほか。
>>詳しいプロフィールはこちら