こんにちは。はぴきゃりアカデミー代表のカナザワです。


ご存知の方も多いかと思いますが、はぴきゃりアカデミーの活動とは別に、昨年の11月から婚活サービス「キャリ婚」をスタートしました。


>>学べる、出会える!共働き応援婚活サービス「キャリ婚」

 


女性のハッピーキャリア支援を生業にしている私が、なぜ婚活事業を?? と、不思議に思うことなかれ。

 

 

女の幸せは仕事だけでは完結しないですから〜。

 


と言いつつ私、30代そこそこまで結婚には後ろ向きでした。ひとり自由気ままに生きていく方がいいと思っていました。


でも、30代後半でひょんなことから結婚することになり、40歳で子どもも産んでみると、ぐっと視野が広がったんですよね。今となっては、あのとき結婚や出産を決断できた自分を褒めてあげたいくらい。


もちろん、結婚すべきだと言いたいわけではありません。様々な役割を持つことで、人生の豊かさが決まる、という話です。その役割はなんでもいいのですが、仕事を頑張る女性たちが、普通に結婚を望んだときに、いろんな障害があるわけです。


例えば、「共働き」問題です。仕事を続けたいと思っている女性にとって、お付き合いしていた彼から「結婚したら仕事やめるよね?」と言われたら悲劇。


また、昨今、出会いのスタンダードになりつつある「マッチングサイト」についても、出会った男性が既婚者だった、遊び目的だった、ネットワークビジネスへの勧誘だったなどの被害報告が後を絶たず・・・。そこで、


幸せになろうと努力している女性たちをなんとかしたい!


この思いで握り合っている戦友であり、婚活セミナー「魔女のサバト」を共同運営している川崎貴子とともに、仕事を続けたい女性たちが「安心して」利用できる婚活サービスを始めようと決心したのです。


「キャリ婚」に登録している男性は100%共働き志向の婚活中の男性です。なぜ100%と言い切れるかというと、私たちスタッフが面談し、誓約書もいただいているからです。システムで大人数をさばく他のサービスとは違い、丁寧に丁寧に運営しているのが「キャリ婚」の特徴です。

 

左から、キャリ婚アンバサダーの川崎貴子、金沢悦子、二村仁


「女性が男性を選ぶ」というこだわりも「キャリ婚」ならではの思想。通常の出会い系サイトでは男性がアプローチすることが普通ですが、男性は生物学的に種をばら蒔きたい性であるので、OK範囲がかなり広い。翻って女性は受け入れる=選ぶ性であるため、OK範囲は男性に比べて狭いのです。10人の女性がいたら9人OKの男性に比べて、10人の男性がいたら女性は生理的に数人しかOKしない。それなら女性が選ぶ方が合理的だというものです。


それに、自分からガンガンアプローチできる男性よりも、ちょっぴり受身の男性の層はブルーオーシャンですよ。事実、キャリ婚には「合コンにはあまり行かない」「これまで婚活サイトはやったことがなかった」という婚活市場に出現しにくい優良男性たちが多数在籍しています。面談していて「よくぞ残っていてくれました!」と小躍りしたい気持ちを抑えるのが大変なくらいです(笑)


女性のためのサイトなので、業界初の女性が有料のサイトです。が、この度、春の「年内結婚」キャンペーンということで、該当される方には入会金全額キャッシュバックを実施します。


手前味噌ですが、マッチング率は25%を誇っています。理由は、男性の質の高さはもちろんのこと、女性会員はカナザワ含め、キャリ婚アンバサダーである川崎貴子、二村仁による無料婚活相談サービスがあることも大きい。

 

>>女性会員のための「恋の相談」サービス

 

もちろん、カナザワが参加しているということは統計心理学i-colorのエッセンスも入っています。気になる男性にアプローチする際、相手がどんな価値観やコミュニケーションスタイルを持っているのか、統計心理学からのアドバイスを参考にすることができます。統計ではありますが、何も情報がないよりは相手との良好な関係づくりの一助にはなるはずです。


というわけで、どこまでもアナログ!(笑)なサービスでございます。


キャンペーンは今日、4月12日からスタートです。

ピンと来た方は下記のページからご覧くださいませ~。


>>出会える、学べる!婚活サービス「キャリ婚」

金沢 悦子
はぴきゃりアカデミー代表
統計心理学i-colorエグゼクティブトレーナー/i-colorオリーブ。
40歳で第一子を出産。休みの日は趣味のサンバを楽しむ。日経ウーマノミクス・プロジェクト・サポーター。著書に『ハッピーキャリアのつくりかた』(ダイヤモンド社)、『人見知りでも「人脈が広がる」ささやかな習慣』(実務教育出版)、『働くママの仕事術』(かんき出版)ほか。
>>詳しいプロフィールはこちら